Home > 風はどうして吹くのか > 海陸風:海と陸にできる温度差で吹く風・昼と夜で向きが変わる

海陸風:海と陸にできる温度差で吹く風・昼と夜で向きが変わる

海陸風は一日の中で風向きが入れ替わる局地風

107-100-100.gif

海岸部では海風は日中に吹き、風向きが入れ替わった陸風は夜間に吹きます。
日本は島国なので、いたるところで吹き、地域により強さもいろいろです。
海岸部では、天気の良い日には、毎日のように同じ方向に旗がひらめく、穏やかな海からの風が 吹きます。

海風

海風とは、日中晴れて穏やかな天気のときに海岸地帯で、海のほうから吹いてくる風のことを言います。
海風は、陸上が日差しによって暖められて、上昇気流を生じると、温度が低い海の方から陸に向かって穏やかな涼しい風が吹いてくる現象です。
夏の暑い日に吹く海風の心地よさは格別です。 太陽の熱によって海と陸にできる温度差が原因となって、温度の低い方から、温度の高い方へ吹く風ですから、午後に一番風が強くなります。

ですから、海の方から吹いてくる風でも、ここで説明したような原因で吹くのでなければ、気象用語としては「海風」とは言いません。

海陸風がつくる循環

陸上で発生した上昇気流は上昇後、海に向かって吹きます。上空の海に向かう風は、海上に達した後に、海面に向かう下降気流となります。
下層では海から陸に向かう風がおこり、上層では陸から海に向かう風がおこり、循環が発生しますが、このような循環現象が海陸風の特徴です。
この循環は海岸から3、40km程度内陸まで及びますが、循環は通常その範囲までで収まっています。
海風が吹いて涼しさを運んでくれる範囲が内陸40km程度が限界ということにもなります。
埼玉県の熊谷が夏の高温で有名ですが、海風の範囲の外側にあたり、海風の涼しさの恩恵を受けることができないのも理由の一つと言えそうです。
海風の層の厚さは500m程度、風速は3、4mが普通です。

海風は夜に陸風に変わる

海風は、朝9時ごろから吹き始め、午後に最も強くなりますが、4時ごろから次第に弱くなります。そして日没後、海上の温度と地上の温度がほとんど同じになる頃には止んでしまいます。
これが夕凪です。
そして、海上の温度と地上の温度が逆転する夜間に、陸から海に向かう陸風が吹き始めます。
一般に、日本の場合は、海風が陸風よりも強く吹きます。

汚染物質を運ぶ海風

海風は涼しさだけでなく、汚染した空気も内陸に運ぶことが一つの問題点です
海岸地帯は多くの工業地帯を抱えています。そのため、ここで発生する排気ガスは海風と共に内陸部、山間部に運ばれます。
光化学スモッグなどが工業地帯でもない内陸で発生するのと関係があるといわれています。

カテゴリ: 風はどうして吹くのか