Home > 日本の気候と風 > 季節に吹く風:空っ風も・雪も・雨も

季節に吹く風:空っ風も・雪も・雨も

季節風:冬の代名詞・冷たい北風

季節風というと、私たちは冬に吹く北西の冷たい風のイメージを持ちます。日本海側では、雪の降り始めのころの風で、この北西の風が吹くと、雪おこしと呼ばれる雷がなり、いよいよ冬の到来となり、雪の季節が始まります。
同じころ、関東では、同じ風が、日本海側に雪を降らせて乾燥し、山を越えて、関東の空っ風、また木枯らしとなります。赤城おろしなどが有名です。

梅雨も季節風

東南アジアでは、6月から7月の南西の風を主に季節風として理解し、モンスーンと呼んでいます。この風は雨をもたらす風で、東南アジアの稲作文化を支える雨季をもたらす風です。
東南アジアでは夏になって、大陸部が高温になると上昇気流が発生し、海から湿気を含んだ風が陸に向かって吹き、山の手前側に大量の雨をもたらします。 インド洋からの海風は東南アジアに雨をもたらし、太平洋から大陸へ向けて吹く海風は、日本に梅雨の雨を降らせます。日本をはじめとして、東南アジアの稲作文化を支える重要な雨は夏の季節風の恩恵によるものです。

カテゴリ: 日本の気候と風