Home > 世界の雷・日本の雷 > 雷都:宇都宮

雷都:宇都宮

栃木県:雷多発県

20.jpg

おそらく、栃木県は日本で雷が最も多い県のひとつだろう。
宇都宮は雷がすごい。しかし、日本一と簡単に言い切れないのは、北関東の群馬、茨城も負けずに多い。
栃木が一番というと、他からクレームを受けかねない。

毎日、雷がなる宇都宮

ともかく、夏の夕方はほぼ毎日、雷がなる。
宇都宮は雷の通り道で、その名も雷都と呼ばれている。落雷も多い。激しさも格別だそうである。

雷がシンボルの宇都宮

21.jpg

宇都宮には、「雷都物語」という商品がある。地元の会社が登録するようになっている。「雷都」を名前に冠したものがたくさんあるようだ。
また、宇都宮市では「みや雷都債」なる債権まである。
雷神社と呼ばれるものは県内に30を超える。
たぶん、落雷した地点とも関係があるのだろう。
余談だが、神社で見る「しめ縄」は、雷雲を表し、しめ縄から出ている「ぎざぎざ」の紙は、イナビカリを表しているという説がある。

落雷も多い宇都宮

昔から宇都宮近辺では、雷が鳴り出すと、外で仕事をしている人は家に帰る。
雷が落ちるのが怖いからという。
地域のかたがたの長年の経験で、雷の怖さを十分知り尽くしておられるのだろう。
宇都宮、栃木では雷のことを雷(ライ)様と呼ぶ。
何だか、雷に対して愛情を感じているような気がするのですが。

カテゴリ: 世界の雷・日本の雷