Home > 落雷対策 > 避雷針があるとどの程度安全?

避雷針があるとどの程度安全?

避雷針の設置義務:高さ20m以上の建物に

hiraishin7.jpg

高さ20m以上の建物には、JIS規格の避雷針を設置することが義務付けられています。 (建築基準法、火薬取締法など)
このJIS規格の避雷針は、保護角45度の保護空間を確保するような規格になっています。
避雷針の先端を頂点として、地上に垂線を引くとすると、45度角で描かれる空間が、
雷の直撃から守られる保護空間になるという考え方です。

設置方法

一般の建築物は60度の保護角内に入るように避雷針を設置し、
火薬庫やガソリンタンクなどは45度の保護角内に入るように、
避雷針を設置しなければなりません。

JIS規格の制定後、雷の研究が進み
、 現在は、この規格だけでは安全性を完全には確保できないと考えられるようになりました。
1.避雷針の高さが30m以下のときは、保護角45度が適用できます。
2.30mを超える避雷針の場合の保護空間は、高さにかかわらず、
接地中心から、半径30mが保護空間となります。< br /> つまり、保護角の外側は、避雷針の恩恵にあずかれないのです。

雷保護の専門家

実際に避雷針の設置をするときは、さまざまな条件を考慮する必要があり
、 『本当の』雷の専門家の指導が必要です。建物や設備の構造を考慮し、適切な避雷設備の
設計、施工が望まれます。
しかしながら、単なる学者ではなく、実務の専門家と呼べる人材は決して多くはなく、
雷対策は欧米に比べ、20年~30年遅れているというのが実情です。

カテゴリ: 落雷対策 , 雷から設備を守るには