Home > 雷から設備を守るには

「雷から設備を守るには」の一覧

航空機の雷対策

飛行機は頻繁に被雷する

旅客機は、上空を飛行するため、地上にあるものよりも、雷雲に接近します。
場合によっては雷雲の中を飛行することもあります。
そのため、飛行機が落雷を受けることは決して珍しいことではありません。
およそ飛行時間3000時間程度で1回落雷にあうといわれています。

避雷針があるとどの程度安全?

避雷針の設置義務:高さ20m以上の建物に

hiraishin7.jpg

高さ20m以上の建物には、JIS規格の避雷針を設置することが義務付けられています。 (建築基準法、火薬取締法など)
このJIS規格の避雷針は、保護角45度の保護空間を確保するような規格になっています。
避雷針の先端を頂点として、地上に垂線を引くとすると、45度角で描かれる空間が、
雷の直撃から守られる保護空間になるという考え方です。

避雷針の世界への普及・日本で最初の避雷針

世界最初の避雷針はフランクリンの自宅に設置

72.jpg

避雷針を考案したのは、かの有名なフランクリンです。最初の避雷針は1753年といわれています(最初は彼の自宅)。当然、最初は避雷針のようなものは、目的や性能についてまったく信用されなかったので、誰も設置してくれませんでした。
やむなく、自宅に取り付けることになります。

雷による被害の増加と対策

7月は雷の季節の始まり

308.gif

7月は梅雨で雨降りの日が多く、雷も多発します。この時期(7月)の日本全国での落雷数は平均的に100万回程度あります。

落雷対策(2)

過電圧による電子機器の故障は1970年代から急増

hiraishin1.jpg

エレクトロニクスとITの普及発展のために、そのインフラとしての過電圧保護はますます重要な位置を占めるようになりました。電子機器に過電圧がかかると、障害が発生しますが、その頻度は、過去の統計によれば、1970年代末までは低かったのですが、1970年代末から1980年代半ばにかけて、急増しました。

落雷対策(1)

雷サイトのコンセプト

68.jpg

「雷なんでもサイト」には、雷についてできるだけ幅広く、いろいろな情報を紹介したいと考えています。その結果、実際の雷とは関係ない単に呼び名に「雷」が付いているだけの人物や物まで紹介することになりました。

雷対策

雷対策は遅れている

56.jpg

誰でも、雷の怖さは知っているが、それでは、雷の被害を受けないようにするにはどうしたらよいか、ということは、あまり知られていない。
重要な設備をもつ大企業でも、普通の家庭でも、根本にある問題は同じように見える。
2つの大きな理由があるようだ。