Home > 落雷対策 > サッカー試合打ち切り

サッカー試合打ち切り

アルゼンチンと日本代表のサッカー親善試合の途中うち切り

311.jpg

2008年7月29日、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となり、東北から九州にかけての広い範囲で局地的な大雨となった。
東京都心では夜に雷を伴う大雨に見舞われ、サッカー男子の北京五輪日本代表-アルゼンチン代表の壮行試合が後半39分に雷雨のため異例の途中で打ち切りとなった。
試合中も稲光や雷鳴が絶え間なく続き、テレビでの観戦でも、かなり危険な状態で試合が進められていたことがわかった。
打ち切りに対する評価はさまざまと思うが、個人的にはもっと早く打ち切るべきであったと考えている。事故にならなかったのが幸いである。事故になっても不思議ではない状況だった。
試合結果は、残念ながら1対0で日本の敗戦となってしまった。
選手たちも集中して試合に臨める状況とは思えなかった。

親善試合ならではの対応か

kyogijo.jpg

競技規則では「プレーの時間を変更するための合意は、プレー開始前になされなければならない」と定めている。だが今回は事前に特別な申し合わせはしておらず、ルール通りなら試合は成立しないはずだった。
しかし、国際親善試合ということもあり、日本協会とアルゼンチン協会による合意の上で柔軟に対処した。

事前に合意を/h3>

W杯予選などの場合だと、両国の合意を得るのは難しく、試合を強行することになりかねない。
そもようなことを十分考慮して、試合前に合意を得ておくことが必要になるだろう。
プロの試合は有料であり、観客数も多い。お金の問題があるので、簡単に打ち切りなど決断は難しい。
しかし、落雷は選手だけでなく、観客も巻き込む可能性を持っており、重大な事故につながる恐れがある。
ぜひ、この経験を今後に生かしていただきたい。

当日の落雷情報

試合当日は。JR田端駅(北区)付近で落雷があり、約90分間、山手線と京浜東北線の全線で運転がストップするなど、雷で大混乱の様相でした。
落雷が競技場でなかったのでよかったなどと、安易にいうことはできませんが、落雷は場所を選びません。

カテゴリ: 落雷対策