Home > 落雷対策 > 落雷事故:損害賠償

落雷事故:損害賠償

高校などに3億円の賠償命じる、サッカー落雷事故 差し戻し控訴審 高松高裁

74.jpg

平成8年、大阪府高槻市で開かれたサッカー大会で落雷に遭い、重度障害を負った高知市の北村光寿さん(28)と家族が、当時在学していた私立土佐高校(高知市)と主催者に約6億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審判決で、高松高裁(矢延正平裁判長)は17日、学校と高槻市体育協会に総額3億円余りの支払いを命じた。

課外クラブ活動中、自然災害の落雷事故で学校の責任がどこまで問われるかが争点

一、二審は北村さん側が敗訴したが最高裁は平成18年3月、「教諭は落雷を予見できた」として審理を高松高裁に差し戻した。
一、二審判決によると、選手だった北村さんは8年8月のサッカー大会の試合中、頭部に落雷を受け、両目失明や手足のまひなど重度の障害を負った。当日は台風の影響で断続的に雨が降っており、大阪管区気象台が雷注意報を出していた。

カテゴリ: 落雷対策