Home > 落雷対策 > 山やキャンプ場での避難方法

山やキャンプ場での避難方法

木立がないところでの避難:

01.jpg

山や川原など立ち木がない開けた場所で、避難するときは、頂上や尾根などを避けて、できるだけ低いところを探します。
できるだけ窪地のようなところを探して避難することが大事です。

高い木があるところでの避難:

tree001.gif

 

もし4m以上の高い木があるところでは、木のそばに避難します。そのとき重要なことは木に近づき過ぎないことです。木の高さの半分程度の距離だけ、幹から離れること、そして、枝や葉先からも体が2m以上離れることがポイントです。
この距離は非常に重要です。
背の高い木には落雷の恐れがあるからです。
木から離れると、まさに空が見えることになり、雷の直撃を受けるのではないかと、不安になるかもしれません。
しかし、背の高い木の近くにいると、木が万一の落雷を受け止めてくれることになります。
避雷針の役目をしてくれます。
同時に、木に落雷があったとき、その雷の電流で感電しない距離をとった位置に、避難するのがポイントになるわけです。

葉先や枝からも離れるのは、落雷があった場合は、木の表面を電流が流れるため、幹だけでなく、枝や葉先にも電流が流れます。
そのため、枝や葉先からもしっかりと離れることが必要になるのです。

身に着けている金属類について:

金属類の持ち物をあまり気にする必要はありません。金属か、木製品か、プラスチックかにかかわらず、突起部分が体から突出した状態にならないように注意します。棒状のものは持たないことが重要な原則です。

詳しくは、「身に着けた金属をはずす?」をご参照ください。

テントを張っているとき:

0003.png

高い木のそばの安全なところにある場合を除いて、テントに非難することはかえって危険です。テントはポールなど尖った部分があるため、落雷の危険があります。また、テントに落雷があった場合、中の人は安全ではありません。テントの外で、身を低く、かがめているほうが安全です。

避難するときの姿勢:

地面にうつぶせ寝た状態になるよりも、かがむ姿勢がよいです。落雷があると、地面にも電流が流れます。体が直接地面に触れる姿勢よりも、靴底だけが地面に接しているほうが、安全性が高いからです。特に、雨で地面が多少でも濡れているようなときは、なおさらです。

カテゴリ: 落雷対策