Home > 落雷対策 > 自衛隊機の墜落

自衛隊機の墜落

f104j.jpg

1969年2月8日正午 航空自衛隊小松基地所属の F-104Jが飛行中落雷を受け、金沢市の住宅街に墜落した。
民家17戸全焼/住民4名死亡/パイロットは脱出

写真はF-104J

航空機は雷雲の中を飛行することもあり、常に雷撃を受ける危険があります。
現在は対策が取られていますが、それでも、時に、雷が墜落事故の原因として、報じられることがあります。
下記も参照してください。
航空機の雷対策
エールフランス機:落雷で墜落か?

カテゴリ: 落雷対策