Home > 落雷対策 > 高い木のあるところでの避難・高い木のないところでの避難

高い木のあるところでの避難・高い木のないところでの避難

雨や雷を避けて木の下に避難した母娘が落雷に会いました

このページは、「山やキャンプ場での避難」という項目に入れていましたが、
重複しても、独立させたほうがよいのではないかと考え、
ここにページを起こしました。

木立がないところでの避難:

01.jpg

山や川原など立ち木がない開けた場所で、避難するときは、頂上や尾根などを避けて、できるだけ低いところを探します。
できるだけ窪地のようなところを探して避難することが大事です。

高い木があるところでの避難:

tree001.gif

 

もし4m以上の高い木があるところでは、木のそばに避難します。そのとき重要なことは木に近づき過ぎないことです。木の高さの半分程度の距離だけ、幹から離れること、そして、枝や葉先からも体が2m以上離れることがポイントです。
この距離は非常に重要です。
背の高い木には落雷の恐れがあるからです。
木から離れると、まさに空が見えることになり、雷の直撃を受けるのではないかと、不安になるかもしれません。
しかし、背の高い木の近くにいると、木が万一の落雷を受け止めてくれることになります。
避雷針の役目をしてくれます。
同時に、木に落雷があったとき、その雷の電流で感電しない距離をとった位置に、避難するのがポイントになるわけです。

葉先や枝からも離れるのは、落雷があった場合は、木の表面を電流が流れるため、幹だけでなく、枝や葉先にも電流が流れます。
そのため、枝や葉先からもしっかりと離れることが必要になるのです。

カテゴリ: 落雷対策