Home > 落雷対策 > またも落雷の事故:木の下に避難してはいけない

またも落雷の事故:木の下に避難してはいけない

天候が急変し雷雨に

2012/5/6日、この日、埼玉県は朝から良い天気でした。
天気予報、雨雲の様子からは、昼前後に激しい雨が予想されていました。

木の下は危険

午後2時20分ごろ、埼玉県桶川市坂田の飼い犬運動施設「穂高ドッグラン」で、
激しい雨を避けて、高さ8メートルのケヤキの木の下で雨宿りをしていた母娘が、落雷を受け負傷しました。
警察によると、娘さんの方は意識不明の重体という。
当時、この施設では、ほか1人が屋外におり、隣の喫茶店内に約20人がいたということです。
高い木は枝がはって、雨宿りにはよいのですが、落雷の危険があります。
木の下にいると、落雷の電流を受けてしまう危険があります。

 

カテゴリ: 落雷対策