Home > 雷から身を守るには?

「雷から身を守るには?」の一覧

高い木のあるところでの避難・高い木のないところでの避難

高い木があるところでの避難:

tree001.gif

 

もし4m以上の高い木があるところでは、木のそばに避難します。そのとき重要なことは木に近づき過ぎないことです。木の高さの半分程度の距離だけ、幹から離れること、そして、枝や葉先からも体が2m以上離れることがポイントです。
この距離は非常に重要です。
背の高い木には落雷の恐れがあるからです。

車の中は本当に安全なの?・・・実験映像

車の中の安全性:落雷実験の映像が紹介され、話題に

勇気か、向こう見ずか、いのちをかけた実験で科学は進歩してきました。
落雷にあっても、車の中は安全といわれています。
落雷による電流が車体の表面を伝って地面に抜け、箱の中の空間には放電されないためです。
そうは言っても、実験のために車の中に入った人は、かなり緊張したでしょうね。

室内の安全性

建物に避難するのが安全

46.jpg

雷を安全に避けるには、建物の中に避難するのが一番です。山やゴルフのときにも、避難小屋が用意されていることが多くあるのは、そのためです。

危険な格好

金属を身につけていると危険?

25.jpg

山・ゴルフ場・運動場・海辺などで、雷に遭遇したとき、
どんな格好が危険なのか、何を身に着けていると危ないのか知っておきたい。

感電について

感電:<電圧と電流>:どっちが危険?

16.jpg

体に電流が流れることを、「感電」といいます。感電のとき、電圧が高いのと電流が大きいのではどちらが危険なのでしょうか。

山や海で・ゴルフ場で雷を予測する

判断と責任はその人自身にかかっている

tozan.jpg

夏など雷の多い季節に、山やゴルフに出かけるときは、あらかじめ天気予報を調べておくことは大切ですが、
実際に現地でも注意を払うことによって、雷の危険から身を守ることができます。
いろいろな情報が発信されていますが、その場で、自分で状況を把握することが何よりも重要なことです。
実際に、避難するか、しないか、判断は自分にしかできないのです。

ゴルフ場・運動場での避難方法

屋外で、人が雷に打たれる事故は、夏場が多い

golf1.jpg

夏は外で過ごしやすい季節であり、雷の季節でもあります。
そこで、外で、とくにゴルフ場、運動場、川原や海辺などの原っぱ、開けたところにいるとき、雷が近づいてきたら、どのように避難したらよいのか、注意点をおさらいしてみましょう。

海辺(海上)での避難方法

海辺での避難方法

304.jpg

海辺の砂浜で、遊んでいるとき落雷の危険があったら、
逃げ場がない場合は、水から上がってまず伏せること。(素足の場合)靴を履いているなら、かがんで身を低くする。
できるだけ防砂林などの4m以上の木立の近くで、なおかつ、木から適切な距離はなれたところへ避難します。

山やキャンプ場での避難方法

木立がないところでの避難:

01.jpg

山や川原など立ち木がない開けた場所で、避難するときは、頂上や尾根などを避けて、できるだけ低いところを探します。
できるだけ窪地のようなところを探して避難することが大事です。

身に着けた金属をはずす?

身に着けた金属はほんとうに危険か?:

301.jpg

雷は金属に落ちるので、野原や海、山で雷の危険を感じたら、身に着けている金属のものを取り外すのがよいといわれます。
金歯に落ちるかもしれないから、雷が鳴ったら、怖くて口を開けることができない、という人もいます。

しかし、落雷は雷雲の静電気と地表の静電気の間の放電現象です。
雷雲が発生すると、地表付近では、金属でも、木製品でも、ゴム製品でも静電気が発生します。
ですから、金属がとくに危険という根拠になりません。