Home > 落雷対策 > 菅平宇宙電波観測所の落雷など

菅平宇宙電波観測所の落雷など

観測設備・管制設備への落雷

67.jpg

菅平宇宙電波観測所付近への落雷

2000年8月9日14:40ごろ、菅平宇宙電波観測所付近に落雷があった。その結果、人工衛星追尾システムが機能しなくなった。追尾用のアンテナが動かない。電源も入らない。精密時刻位置決定用GPS受信機も故障し、衛星探査モードに入ったままで、正常に受信できなくなった。

成田空港管制塔レーダの被害

2004年7月27日には、落雷で、成田空港の管制塔のレーダシステムに障害が出て、航空機の高度などの情報が管制の画面に表示されなくなるなどのトラブルも出ている。

 
IT社会は雷に弱い

今日の社会は、あらゆる分野のあらゆる機器が高度なIT機器によって監視され、制御されている。IT機器は高電圧に特に弱い。また一台の機器の障害は、それだけに留まらない。 落雷による機器の故障は、雷撃の電圧が高いため、大規模、致命的な事故、破損、破壊を招きかねず、人工衛星を見失い、着陸態勢の航空機を見失う可能性がある。

カテゴリ: 落雷対策 , 事故・被害