Home > 落雷対策 > プロゴルファー リー・トレビノの事故

プロゴルファー リー・トレビノの事故

ラウンド中の落雷事故

trevino01.jpg

プロゴルファーのリー・トレビノは、1975年6月27日、シカゴのバトラー・ナショナル・クラブでのラウンド中に、落雷事故にあいました。
幸い命に別状はありませんでしたが、その後、後遺症で、腰の曲げ伸ばしが不自由になったそうです。

事故を教訓に

golf5.jpg

その後、プロのゴルフ・トーナメントでは、主催者が地元の観測所に、トーナメント期間中の気象の監視を依頼することが多くなりました。
雷雲が発生すると、雷が通過するまで、試合を中断するなど、落雷に対して、細心の注意を払うようになりました。

ゴルフ場のような開けた場所では、雷が近づいた場合、常に落雷の危険があるということです。ゴルファーの方は、十分ご注意ください。

カテゴリ: 落雷対策 , 事故・被害