Home > 落雷対策 > バングラディッシュの雷被害

バングラディッシュの雷被害

2016/05/12から3日間で57人が死亡する落雷事故があった。
落雷が多発したわけだが、多くの犠牲者が水田で作業中だったらしい。
水(特に水田では)の中にいるときは、動きが不自由になり、逃げ遅れる危険があります。
さらに水に浸かっていれば、雷の電気は流れやすくなり、水を伝って被害が周囲に及ぶことがあります。
水田の上は完全に開放されていて、雷を遮るものや、雷が他に向かう可能性も低くなり、
結果的に、最悪の条件になってしまったようです。
初日の被害者が25人だったそうですから、これだけでも大変な人数ですが、
危険が共有されれば、2日目以降の事故は防げた可能性もあったかもしれません。
大変痛ましく、残念な結果になってしまいました。

カテゴリ: 落雷対策 , 事故・被害