Home > 落雷対策 > 雷のエネルギー回収ロケットの開発

雷のエネルギー回収ロケットの開発

雷の電気を利用できるか

314.jpg

中国科学院大気物理研究室は、自然界で発生する雷エネルギーをロケットで回収する技術を開発中ということです。(2008/7発表)
成功すれば、雷の電気エネルギーを収集できるようになると見られています。
この技術は、雷が発生しそうなところへスチールワイヤーのついたロケットを打ち込み、雷を発生させ、ワイヤーで誘導した雷のエネルギーを地上で収集するというのだそうです。
「雷電総合探測ネットワークおよび新たな人工誘雷システムの開発」プロジェクトの一環として開発されています。

研究の主目的は誘雷・消雷

78.jpg

研究は雷エネルギー利用が中心ではなく、ロケットによる誘雷・消雷技術のようです。
ロケットで落雷を制御して被害を未然に防ぐ一方、そのエネルギーの利用を技術化しようということです。

雷のエネルギーの量と大きさ

地球上の雷発生回数は、毎日数百万回以上で、雷によるエネルギー量は、一回だけで100億キロワットに達しており、大型水力発電所の数千倍の発電量に当たるというレベルです。

雷のエネルギー利用の困難点

どの程度勝算がある計画か不明です。
以前から、雷のエネルギー利用という話は繰り返されましたが、発生する場所が上空であること、発生が不定期であること、エネルギーの大きさの割りに瞬間的であることなど、困難さが際立っており、具体的な研究レベルには達していませんでした。
今回のニュースが根本的に今までの話のレベルとどこまで違うのか、同じなのか、様子を見ないとわかりません。この報道に対し、日本国内の専門家は、まったく、相手にしていないようです。

カテゴリ: 落雷対策 , 調査・研究