Home > 落雷対策 > 雷レーダー

雷レーダー

雷の観測

leder.gif

電力会社は、気象庁と別に、自前で雷レーダを設置している。
これは送電線の落雷事故に備えたものである。エコー強度、エコー頂高度で雷雲を判別できる。
そのため、東京電力のサイトでは、ほとんどリアルタイムで落雷の状況を知ることができます。

世界初の雷観測用の人工衛星「まいど1号」

maido1go.jpg

東大阪の中小企業が作った人工衛星「まいど1号」が大きな話題になりました。
この「まいど1号」、実は雷雲の観測が目的ということです。
しかも、雷雲を観測することを目的とする人工衛星は、世界初なのだそうです。

宇宙から雷雲を観測することで、地上からの観測とは違ったデータを得ることができれば、
大きな精度向上につながるのではないかと、期待できます。

レーダや人工衛星で雷の被害を減らすことにつながるでしょうか

落雷の被害は非常に大きい。
東電のレーダや「まいど1号」など雷のためのいろいろな対策が被害の減少につながるといいですね。
発電所や変電所、あるいは送電線への落雷は大規模停電を引き起こします。工場やビルの停電は社会全体が停止するかと思わせるほど大きな影響があります。
交通がストップすれば、帰宅の足が奪われます。
落雷は夕方、夜間に多いため、帰宅途中のサラリーマンが足止めをくらい、人々が駅にあふれる光景を目にすることがあります。
さらにエレベータが停止、冷蔵庫の温度があがり、家庭生活も停止する。

驚くべきことだが、雷による被害は年間数千億といわれている。

カテゴリ: 落雷対策 , 調査・研究