Home > 調査・研究

「調査・研究」の一覧

スカイツリーで雷観測

世界最高の高さを誇るスカイツリーには雷が落ちる

雷の研究の難しさの一つは、いつ、どこに落雷するかわからない点にあります。
しかし、よく知られているように、雷は高いところに落ちやすく、とがったものに落ちやすい、という特徴があります。 そこで、目をつけられたのが、スカイツリー。 高さ634メートルという高さは、東京の真ん中に突き出た突起物になります。
ご存知の東京タワーが333mですから、ほとんど2倍。
落雷の期待が高まります。

ロケット打ち上げ条件と雷

ロケット打ち上げ条件と天候

2009年4月に北朝鮮が人工衛星の打ち上げと偽って、長距離ミサイルの発射事件をするのではないかという報道がなされました。
事実4月5日、そのミサイルは日本上空を通過し、太平洋に着弾しました。
そのとき、発射がいつになるのかいろいろな機関が予想を発表しました。
その日程には北朝鮮の政治日程とともに、天候が重要な因子になることが取り上げられました。
実は、ロケット(この場合のミサイル)も天候が悪いと危険をともなうため発射できないのです。
北朝鮮は特殊な国ですから、発射の際の天候の条件をどのように定めているかわかりませんので、日本の場合を例に説明したいと思います。

雷のエネルギー回収ロケットの開発

雷の電気を利用できるか

314.jpg

中国科学院大気物理研究室は、自然界で発生する雷エネルギーをロケットで回収する技術を開発中ということです。(2008/7発表)
成功すれば、雷の電気エネルギーを収集できるようになると見られています。
この技術は、雷が発生しそうなところへスチールワイヤーのついたロケットを打ち込み、雷を発生させ、ワイヤーで誘導した雷のエネルギーを地上で収集するというのだそうです。
「雷電総合探測ネットワークおよび新たな人工誘雷システムの開発」プロジェクトの一環として開発されています。

雷撃電流

雷撃電流の波形

71.jpg

雷撃電流の波形を表すのに用いられる3つの重要なデータがあります。

避雷針と雷対策

避雷針:

307.jpg

避雷針とは不思議な名前である。
避雷針の働きは、雷が落ちないように危険を避けるのではなく、積極的に雷を呼び込んで、避雷針で落雷の電気エネルギーを受け止め、そのエネルギーを安全に地中に流すのが代表的な機能だからである。
建物の屋根高く、避雷針が取り付けられているのは、よく見かける光景である。避雷針をたて、引き下げ導体を接続し、さらに専用の接地極に接続するというのが、これまでの対策の典型的なものである。
このようにしておけば、建物に直接落雷することはなく、雷の直撃を避雷針に受けても、引き下げ導体を経由して、接地極から大地へ電気のエネルギーは流れて行き、建物は雷から保護されるというわけである。

自動車の中は安全?

雷の事故:自動車の中の安全性

car.jpg

よく自動車の中にいると、雷が落ちても大丈夫とい話を聞きます。
自動車の中にいるとき、その自動車に落雷があったらどうなるのでしょうか。
金属でできた箱に電流を流すと、電流はその箱の表面を流れます。電流は表面を伝って流れ、金属の箱の内部の空洞のところへは流れないのです。
そのため、自動車の中にいる人は落雷があっても、大丈夫なのです。電車も同様です。
ただし、金属はある程度丈夫であることが必要です。一般に鉄板が厚いほうがいいのですが、最低3mm程度の肉厚が必要です。
薄い鉄板は雷の直撃では突き抜けてしまいます。

冬の雷

関東の夏雷・日本海側の冬雷

15.jpg

秋田県から島根県の日本海沿岸地域では、冬に雷が発生することがある。

人間の体は電気にどの程度強いの?

人体の電気耐力(人は雷に打たれるとどうなるか)

36.jpg

雷に打たれて、感電する事故がときどき起こります。また、電気はどこにでもあり、ちょっとしたことで、電気に触れ、感電することがあります。
人間の身体は、電気に対してどのような抵抗力があるのでしょうか。

人が雷に打たれたら...(2)

落雷による怪我

42.jpg

人が雷に打たれた場合、雷撃によって呼吸停止、心停止などの緊急事態になる場合があります。,br /> (直撃でなければ軽症のやけど程度の怪我で済む場合もありますし、直撃雷を受けて即死になるような悲惨なケースもありますが)

人が雷に打たれたら...(1)

人が雷に打たれたらどうなるか?

34.jpg

落雷事故は昔からあったが、そのとき、実際に人体にどのようなことが起こったかという研究はなかなか進まなかった。
しかし、模擬人体や動物実験によっていろいろなことがわかってきた。

雷レーダー

雷の観測

leder.gif

電力会社は、気象庁と別に、自前で雷レーダを設置している。
これは送電線の落雷事故に備えたものである。エコー強度、エコー頂高度で雷雲を判別できる。
そのため、東京電力のサイトでは、ほとんどリアルタイムで落雷の状況を知ることができます。