Home > 撮影 > 撮影の基本

撮影の基本

雷(イナヅマ)は、いつ光るかわからない。

313.jpg

だから、1回で確実にいい写真を撮ることは難しい。いい写真を撮るためには、何回も撮影し、経験をつむことが必要です。
プロのカメラマンの友人に、イナズマの写真を撮りたいので、撮影方法を教えて欲しいと質問しました。

事前の準備

プロに質問する場合は、ある程度こちらも準備して質問しないと失礼になることがわかりました。
カメラは何か、どんなところで撮影するつもりか、かえっていろいろ質問されて、答えに窮してしまいました。
そこで、今回のアドバイスを受けるにあたって撮影条件を決めました。
暗闇で光る稲妻を撮影するのと、夕方まだ明るいうちに光るのを撮影するのでは、撮り方が違うし、
暗闇でも都会の暗闇はいろいろな光がレンズに入ってきます。
当然、いろいろな違いがあり、撮影方法は違うそうです。
そこで、今回はもっとも基本的な条件で撮影する場合のアドバイスをいただきました。

条件:

1.暗闇(山やキャンプ場などのように他からの光がない。つまり真っ暗闇)
2.カメラはデジタル一眼レフ。

ここからが私の質問と、それに対するアドバイスです。

必要な道具は何でしょうか?:

312.jpg

1.三脚(これは必ず使う)
2.レリーズ(シャッターボタンに接続して使うワイヤー状のシャッターボタン。長時間露光のため)
3.暗闇でも秒針が見える時計を用意。

カメラの設定は?:

1.ISOを低めに設定する。100以下。
(100が最低値というのが多いかもしれません。可能なら50に。ニコンD80は100が最低値)。
ISOは、いわゆる「フィルム感度」ですが、数字が大きいと、背景の黒色が粗れるそうです。
感度を低くすると、背景の黒色がシマルそうです。
2.「マニュアルで撮影」に設定する。オートでの撮影は無理。
3.絞り・・・8あるいは16程度(星を撮るときも大体同じような絞りになる)
4.シャッター速度・・・「バルブ」に設定する。
レリーズボタンを押している間、シャッターが開いていて、放すとシャッターが閉じるという設定。
シャッターを開けておく時間は30秒-60秒程度まで。
レリーズを使うと、シャッターを押した状態で固定しておくことができる。

実際の撮影の仕方は:

1.三脚にカメラを固定する。長時間露光するのでしっかり固定。
2.レリーズをセットする。(暗闇の中で、シャッターを切った状態に固定するので、やり方は事前によくチェック)
3.イナズマが光りそうに感じたら、シャッターを押して、そのままレリーズで固定する。
4.光ったら、レリーズを放し、シャッターを閉じる。(この間が30-60秒)
5.60秒以上たっても、ひからない時は、シャッターを閉じて1回撮影を終える。次の撮影をする。
6.実際の稲妻・イナズマは大きく光るときも、少し光るときもあるので、上記条件を基本にいろいろ変化させて、何枚も撮影してみてください。
きっといい写真が撮れるようになります。

何枚も撮影する:

今回質問したカメラマンの方の普段の撮影の様子を見ていると、必要な1枚に対して何枚も何枚も撮影します。どのように条件を変えているかはわかりませんが。いつもすばらしい写真を見せてくれますが、それは何枚もの写真中から選んだ一枚なのだと思います。
プロでもそうなのですから、というか、プロだから、そうなのだと思います。
がんばって何枚も撮影してください。
その中に、これこそと思う一枚がきっとあるに違いありません。

安全に気をつけて:

また、くれぐれも安全に気をつけてください。事故にあってからでは遅いですから。安全な場所で撮影してください。危険を犯して撮影しるようなことはやめましょう。また、すぐ避難できる場所を確保しておいてください。

投稿歓迎

稲妻の写真を撮ったら、ぜひ、投稿してください。紹介させていただきます。
また、お住まいの近くや旅行先でであった雷ゆかりの建物や地名など雷に関することは、何でもかまいませんので、ぜひ写真とととも投稿してください。
「落雷の痕」・「落雷後も元気な樹木」「落雷によって枯れてしまった樹木」その他、雷に関することはすべて受け付けています。
雷にまつわる体験談も募集しています。怖かったこと。面白かったこと。不思議なことなど。

カテゴリ: 撮影