雷おこし

雷のなのつく食べ物といえば、関東人なら、まず、雷おこしを思い出す

雷おこし(かみなりおこし、雷粔籹)は、米をいったん蒸かし、その後煎って膨らませたものに水飴、砂糖、落花生などを混ぜて固めた和菓子である。
もともとは唐菓子の一種として平安時代に日本に伝わり、日本各地に伝わり、江戸時代に駄菓子としてつくられるようになった。
関東の雷おこしに対して、関西では岩おこし、栗おこし、愛知や九州にも米おこしにもおこしがある。

雷おこしのいわれ

雷おこしの老舗、常盤堂によると、雷おこしの名前の由来は、
浅草浅草寺の「雷門」の「雷」と「家を起こす」「名を起こす」の「おこす」をかけたものだそうだ。
江戸時代後期に、浅草雷門近くの露天商が縁起物として売り始めたのが発祥と言われ、浅草名物の土産物として知られる。

カテゴリ: 雷と関連する人・もの