Home > 雷と関連する人・もの > 「雷の子」と呼ばれたキリストの弟子:ヤコブとヨハネ

「雷の子」と呼ばれたキリストの弟子:ヤコブとヨハネ

キリストは弟子にあだ名をつけた

イエス・キリストには多くの弟子がいました。有名なのは12使徒と言われた弟子たちですが、その他にも名前の知られていない多くの弟子たちがいました。
イエスは12使徒の中のヤコブとヨハネの兄弟2人にボアネルゲ(雷の子)というあだ名をつけました。
ちなみに、よく知られている使徒のペテロは、やはりあだ名で、本名ではありません。ペテロとは「岩」という意味です。もともとの名は、シモンといいます。

脇道にそれてしまいますが、ペテロはおっちょこちょいで、愛すべき性格ですが、おっちょこちょいゆえの問題や事件をたくさん起こした人です。
岩というには程遠い軽い男シモンをペテロ(岩)と呼んだのは、ユーモアです。皮肉よりは、シモンに対するイエス・キリストの深い愛情と思われます。
12使徒の中では、最年長で、リーダーでした。
後に、彼は岩と呼ばれるのにふさわしい温厚かつ重厚な、初代の教会を代表する指導者となりました。

ボアネルゲ(雷の子)と呼ばれたのは、気性の激しさ、それとも気の弱さ

rembrandt.jpg

写真はレンブラントの作による「ガリラヤ湖の嵐の中のキリスト」

さて、本題に戻りますが、イエス・キリストがヤコブとヨハネの兄弟につけたボアネルゲ(雷の子)という呼び名も、ペテロと同様にあだ名です。

ヤコブとヨハネの性格の激しさ、怒りっぽさや気まぐれのために、そう呼ばれた。

普通、そう考えられています。いろいろな書籍を調べても、それ以外の説明を見たことがありません。

しかし、私は、ひそかに、実は、逆で、おとなしくて、気が弱い兄弟に、ユーモアや彼らに対する愛情から、ボアネルゲ(雷の子)といういかにも荒々しいあだ名をつけたのではないかと想像しています。

どちらの説が正しいか、判断できる明らかな資料は残念ながら残っていません。

兄のヤコブは、キリストの死後まもなく、12弟子の中で最初に、殉教の死を遂げました。
それに対し、弟のヨハネは、90才近くまで生き12弟子の中で最後まで生き残った人です。
12弟子の中でもっとも若かったと考えられており、そのため、彼は初代キリスト教会を長く指導し、長老として格別に尊敬されました。

気性の激しさの根拠とされる聖書の記事

さて、天に上げられる日が近づいて来たころ、イエスは、エルサレムに行こうとして御顔をまっすぐ向けられ、ご自分の前に使いを出された。彼らは行って、サマリヤ人の町に入り、イエスのために準備した。
しかし、イエスは御顔をエルサレムに向けて進んでおられたので、サマリヤ人はイエスを受け入れなかった。
弟子のヤコブとヨハネが、これを見て言った。「主よ。私たちが天から火を呼び下して、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」
しかし、イエスは振り向いて、彼らを戒められた。(ルカの福音書9章51節)

気の強さとはいえない・・・

ヤコブとヨハネの「人々を焼き滅ぼしてしまいましょうか?」ということばこそ、彼らの性格の激しさを表していると考えられています。
イエス・キリストに対して拒絶の態度をとった人たちに対する怒りです。
しかし、昨今のいろいろな事件を見ていると、日ごろおとなしい目立たない人が、小学校に押し入って、子供たちを刺したり、歩行者天国で買い物やイベントを楽しむ人たちを襲って、殺傷事件を起こしています。
犯人の特徴はいずれも、おとなしい人です。
気が強い人は、自分で相手と差し向かいになって、自分の考えや不満を主張したり、相手を説得したりできます。
しかし、気が弱い人は、直接、相手と差向いになって議論したり、論争したりできません。
いきなりこのような事件を起こしてしまうのです。

ヤコブとヨハネの言葉や態度には、気が強く、荒々しい人の特徴よりも、気が弱い人の特徴が見えます。
荒くれ者として有名な「無法松」なら、おそらく自分で殴り込みをかけるかもしれません。それが気が強い人の反応です。ヨハネとヤコブのようなことは言なかったと私は考えています。いかがでしょうか。

これは、ヤコブとヨハネの気性の強さ、激しさを表すというよりも、彼らの気の弱さを表す出来事だと感じるのです。

気の弱さを想像させる聖書の記事

そのとき、ゼベダイの子たち(ヤコブとヨハネ)の母が、子どもたちといっしょにイエスのもとに来て、ひれ伏して、お願いがありますと言った。
イエスが彼女に、「どんな願いですか」と言われると、彼女は言った。「私のこのふたりの息子が、あなたの御国で、ひとりはあなたの右に、ひとりはあなたの左にすわれるようにおことばをください。」(マタイの福音書20章20節)

母に連れられてお願いに行く兄弟

雷のように気性の激しい兄弟が、母親に連れられて、イエスの元にお願いに行くでしょうか。
まして母親が子どもかわいさのあまり、勝手な願い事をするところに、のこのこついていくでしょうか。
何とか自分の息子がよい境遇になるように、という願いを持つ母親に引きずられて、ついていく気の弱い息子たち。
あるいは、気が弱く、自分では願い出ることができないだろうと考えた母親が、思い余って願い出たと考えるのが筋がとおるように見えるのです。

聖書に書かれてるもう一つの事件

キリストの十字架の死の前夜、ゲッセマネの園でイエス・キリストは弟子たちと祈りながら一夜を過ごします。
このとき、イスカリオテ・ユダに引き連れられ、人々がイエスを捕えようとやってきます。
このとき、弟子のペテロはイエス・キリストを守ろうと、そばにあった剣を抜いて、人々に襲い掛かり、一人の人の耳を切り落としたのです。

このとき、一緒にいたはずのヤコブとヨハネは何の抵抗もせず、
ほかの12弟子とともに逃げてしまうのです。
彼らが何らかの抵抗をした様子は何も聖書に書かれていません。
みな逃げたのです。
これが、ボアネルゲ(雷の子)の正体です。

小石のように軽い男をペテロ(岩)と呼んだイエスのユーモアは、気の弱い2人の兄弟に
もっとしっかりしろよ!とボアネルゲ(雷の子)と呼んだのであれば、
これは愉快なユーモアの世界です。

ヨハネの手紙から見るヨハネ像

ヨハネが書き残した文書は、いくつも聖書の中に現存しており、ヨハネの福音書とヨハネの黙示録が有名で、他に短い手紙が3通知られています。
「初めに、ことばありき」(文語訳)という書き出しで始まる福音書は、平易な言葉で書かれているが、深遠さ、格調の高さで他に類をみない優れた文書です。
この「ことば」はイエス・キリストのことです。
政治家が、それは「初めに・・・ありき」だ、などと引用するのをニュースでときどき見ますが、むちゃくちゃな引用はやめてほしいと感じます。
ヨハネがもともと深い思索家であったのか、それともキリストとの出会いによって、怒りの子(ボアネルゲ・雷の子)が、深遠な思索家に変わったのかは定かではありません。

しかし彼が多くの人の人生に深い影響を与えたかは計り知ることができません。文学書への引用も数えることができないほどです。

最後の晩餐の人物はヨハネかマグダラのマリアかダビンチコード

davinci.jpg

余談ですが、
ダビンチコードで話題になったキリストの最後の晩餐の絵で、女性的に描かれているため、マグダラのマリアとされている人物は歴史的に、このヨハネと考えられています。
新約聖書に書かれた最後の晩餐の記述から、ダビンチはヨハネ、ペテロ、裏切り者のユダの位置関係の構図を決めて描いているのです。
新約聖書の記事を読むと、この女性的な人物はヨハネ以外にはありえないのです。
マグダラのマリアはありえません。

ヨハネがあまりにも女性的に描かれているため、ヨハネではなく、実はマグダラのマリアであったという新説が登場したのでしょう。
確かに女性のように見えます。
ダビンチの時代、イタリアの絵画では、若者を女性的に描くのは、きわめて普通のことでした。
ひげのない若者を女性のように美少年として描くのが習慣でした。

この絵は男か女か

johnbaptesma.jpg

ダビンチの描いた別の絵で、バプテスマのヨハネ(右の絵:12弟子のヨハネとは別人)があります。
彼は荒々しいイメージの苦行僧のような人物ですが、まさに、マグダラのマリアと間違えられた12弟子のヨハネに負けず劣らず女性のように描かれています。
この絵が最後の晩餐の中にあったら、やはりマグダラのマリアと間違えられたのではないでしょうか。
ダビンチコードのお話は、絵画史や当時の時代背景等をよく理解しない説明であり、
あまりにも幼稚な説明です。
ダビンチコードに書かれていることは、すぐに忘れられる一過性の内容です。
秘密が暴かれたような話題にはいつも多くの人が飛びつくものです。
史実とはかけ離れた週刊誌的なものです。

カテゴリ: 雷と関連する人・もの