Home > 雷と関連する人・もの > ヤンキース14ゲーム差大逆転の立役者:ルイジアナの稲妻

ヤンキース14ゲーム差大逆転の立役者:ルイジアナの稲妻

ルイジアナの稲妻と呼ばれたロン・ギドリー

guidry.jpg

1978年:14ゲーム差逆転の立役者

14ゲーム差 大逆転劇の主役・ルイジアナの稲妻 ロン・ギドリー(ヤンキース2007年ピッチングコーチ)
1978年。ヤンキースは宿敵レッドソックスに7月18日時点で14ゲームという大差をつけられた。
しかし、この年のヤンキースは驚くべき底力を発揮して、最終戦では、ついにレッドソックスに追いつき、1試合のみのワンデープレーオフに持込み、ついに、優勝を勝ち取ることに成功する。

2007年14ゲーム差逆転の再現は?

2007年のヤンキースは5月29日に14.5ゲームという過去に逆転したことがないほどの大差を、78年と同様レッドソックスにつけられてしまった。
しかし、多くのヤンキースファンは、14ゲームをひっくり返した78年の再現を期待して、熱烈な声援を送っている。
さて、78年の大逆転劇で主役を演じたのが、その当時、「ルイジアナの稲妻」と異名をとったロン・ギドリー(2007年のピッチングコーチ)である。
この年のギドリーは開幕からの13連勝、後半戦も12勝2敗(年間通算で25勝3敗、防御率1.74、サイヤング賞を満票で受賞)という驚異的な成績をを記録した。
大詰めの直接対決で、レッドソックスを2安打完封、ワンデープレーオフでも6回まで、レッドソックス打線を2点に抑える好投(勝利投手)で、圧倒的な勝負強さを発揮した。
結果的に、ヤンキースはワールドシリーズでも、ドジャース相手に、2連敗後4連勝して、この年のワールドチャンピオンに輝いている。
1978年の大逆転劇は、ヤンキースの長い歴史のなかでも伝説となって記憶されている。

2007年の展開

2007年、人々は78年の再現に胸を膨らませているが、5月に14.5あったゲーム差が8月には4ゲーム、5ゲーム差というところまで、迫ってきた。一気に逆転してしまうのかと思わせる勢いも、9月にはちょっともたつき、再び引き離されてしまいましたが。
果たして、この先、どう展開するでしょうか。「投手のがんばりが勝敗の鍵を握っている」とトーリ監督。さて、ルイジアナの稲妻、ロン・ギドリーピッチングコーチのお手並みは?

ルイジアナの稲妻の敗退

結局、ヤンキースはディビジョナル・シーズンで、中地区優勝のインディアンスに対して1勝3敗。プレイオフ敗退が決まった。
春から出遅れたヤンキースは、同地区のレッドソックスに最大で14.5ゲーム差離されたが、夏場には底力を見せ、最終的にはワイルドカードでのプレイオフ進出を決めた。
この勢いでワールド・チャンピオンに…そんな期待はプレイオフ敗退で、はかなくも消えてしまった。
そればかりか、チームの不振が原因で、ジョー・トーリ、ルイジアナの稲妻ギドリーコーチとの契約更新は行われず、ジョー・ジラルディが監督に就任するということになってしまった。

カテゴリ: 雷と関連する人・もの