Home > 記憶・記録に残る雷 > 幻想交響曲

幻想交響曲

幻想交響曲:4台のティンパニーによる雷

berlioz.jpg

幻想交響曲は、ベルリオーズの代表作です。
彼は当時の管弦楽法の第一人者で、1844年に著した「近代楽器法と管弦楽法」も、
後の多くの作曲家に計り知れない影響を与えたといわれています。

ベルリオーズは、この幻想交響曲の第4楽章断頭台への行進が始まる直前の部分で、
4台のティンパニーを使い、見事な和音のうねりで「遠雷」の響きをつくっています。
その不気味なうねりは、次の楽章「断頭台(ギロチン)への行進」を予感させるのに
十分ななんとも言えない不吉な重苦しい響きです。

幻想交響曲のベルリオーズによる解説

なぜ、「遠雷」の響きを表しているとわかるのかというと、
ベルリオーズは初演のとき、この交響曲の詳細な解説を配布した上で、演奏したためです。
その解説は次のようである。

第3楽章:野の風景  Scene aux champs
ある日、彼は野原で遠くで2人の牧人が牛追い歌を歌い交わすのを耳にする。
この牧歌的な二重奏、周囲の風景、最近になって芽生えたわずかな希望。
これらがひとつとなって彼の心に新鮮な気持ちが生まれ、気持ちがぱっと明るくなる。
彼は孤独な自分の人生を振り返り、ひとりぼっちの生活はもう願い下げにしたいと思う。

だが、彼女に裏切られたら!
こうして希望と恐怖が入り混じり幸福な思いは暗い予感に沈んで行く。
最後にもう一度牧人の一人が牛追い歌を唄う。しかしもう一人は応えない。

遠くで雷鳴が鳴る。

孤独

そして静寂。

雷以上に幻想的なベルリオーズの世界

ベルリオーズの幻想交響曲は、
彼の人生の経験を吐露するような解説付きで発表された作品です。
その中に描かれているのは、婚約の失敗、そして元婚約者とその母親への殺意。
落胆からの自殺未遂。アヘン中毒。
これらの経験とそのような中で彼が陥った病的、かつ狂的な意識が描かれている。
(上のベルリオーズの写真は彼の異常さをよく表している)

断頭台への行進は、自分が断罪されてギロチンに送られていく様子を
眺める姿は、まさに「幻想」交響曲である。
第3楽章の野の風景は、ギロチンに送られる直前の殺伐とした印象に描かれており、
遠くで鳴る雷の音の不気味さは、曲全体のなかでも重要な位置にあるように思われる。

カテゴリ: 記憶・記録に残る雷