Home > 記憶・記録に残る雷 > 日本書紀から:イザナギノミコトは雷の化身?

日本書紀から:イザナギノミコトは雷の化身?

是に其の妹伊邪那美命(いざなみのみこと)を相見むと欲(おも)ひて、
黄泉國に追い往きき。
爾(ここ)に殿のとざし戸より出で向かへし時、
伊邪那岐命(いざなきのみこと)、語らひ詔りためひしく、
「愛しき我が那邇妹の命(なにものみこと)、吾と汝と作れる國、
未だ作り意(お)へず。故、還るべし」とのりたまいき。
・・・
故、左の御美豆良(みみづら)に刺せる湯津津間櫛(ゆつつまぐし)の
男柱一箇とりかきて、一つ火燭して入り見たまひし時、
宇士たかれ、許呂呂きて頭には大雷居り、胸には火雷(ほのいかづち)居り、
腹には黒雷居り、陰には折雷居り、左の手には若雷居り、右の手には土雷居り、
左の足には鳴雷居り、右の足には伏雷居り、
あわせて八はしらの雷神成り居りき。
(日本書紀からの抜粋)
(使われている漢字は非常に古いので、入力に際し、適宜変更を加えたため、
かならずしも本来のものと同じではありません)

伊邪那岐命の全身が雷で満ちているという表現でよいのか、それとも、
雷こそが伊邪那岐命そのものであるということなのであろうか、
雷信仰が生み出した神話なのだろうか。
逆に、伊邪那岐命の強さ、力、生命力の激しさのようなものを表すのに、
雷が適切であったのだろうか。興味深い。
日本書紀の本質的なところ、物語の中心に雷が深くかかわっているのは間違いない。

そして日本書紀の雷にかかわる記事は、これだけではない。
まだまだ、たくさんある。

カテゴリ: 記憶・記録に残る雷