Home > 記憶・記録に残る雷 > 雲中に大音響は大雪?...

雲中に大音響は大雪?...

雪おこし

kumo.jpg

日本海側の豪雪地帯の雷は冬季雷が特徴である。
冬のどんよりとした寒い曇り空の日、雲の中で大きな雷鳴(大音響)が聞こえると、北陸ではいよいよ雪の季節到来となる。
これが「雪おこし」である。

雪をともなう前線による冬季雷

29.jpg

冬雷、冬季雷とよび、前線にともなう雷で界雷、前線雷ともいう。冬の雪を降らせる前線が近づいてきたために鳴る雷である。
北関東で夏に発生する熱雷とは発生の状況も、性質も異なる。
これは北陸の雷の特徴で、関東地方では、同じように冬に雷がなっても、大雪とは限らない。

カテゴリ: 記憶・記録に残る雷