Home > 記憶・記録に残る雷 > 寒中の雷は豊作...

寒中の雷は豊作...

ことわざ・言い伝え:寒中の雷は豊作の兆し

22.jpg

北陸地方で多く発生する寒雷は、大陸の高気圧の張り出しによるもので、
北西の季節風が強くなり、山脈に吹きつけられた風が上昇気流となり、
上空で雷雲となることによります。

豊作との関連付け

大陸の高気圧が優勢ということは、寒さの厳しい年ということができます。
冬の寒さの厳しい年は夏が暑いなど、いろいろな条件が重なって、豊作と関連すると考えられています。

寒雷は凶作ということわざもある

 

ただ、冬の雷と豊作とは、明確に関連付けることはできませんので、
別のことわざでは、まったく正反対の「寒雷は凶作」というのもあります。 農業や漁業に携わる人たちは、
長期天気予報などなかった時代にも、いろいろな自然現象に注意を向け、
過去の経験から、さまざまな天候・気象の予測をしてきました。
天候は、生活に、場合によってはいのちに直接関係しましたので、
人々はさまざまな自然現象に注意し、ことわざを残してきました。

カテゴリ: 記憶・記録に残る雷 , 文学・ことわざ言い伝えの雷