Home > 記憶・記録に残る雷 > 冬空に大音響あれば

冬空に大音響あれば

冬空に大音響あれば大雪のきざし。

19.jpg

雷は冬にも発生する。そしてここでいう雷はその冬のかみなりである。
北陸地方、とくに雪がよく降る地域で発生する。シベリアからの寒気が日本海で暖められ、
水蒸気を含んだ空気となり、北西の季節風にあおられて、山脈にぶつかり、上昇する。
上空の冷気と下からの暖気が転倒を起こし、雷雲が発生するというシナリオが考えられている。

関東地方の夏の雷と違い、一日中ごろごろと鳴る。
また、夏の雷と比べて、はるかに大きなエネルギーを持っており、
落雷により、停電などの事故を引き起こす。

北陸の雷は冬の到来を告げるもの

冬の雷は、「雪おこし」、「ずりおこし」などと呼ばれ、本格的な冬の到来を告げる雷となる。
大雪を呼び起こす雷となる。

カテゴリ: 記憶・記録に残る雷 , 文学・ことわざ言い伝えの雷