Home > 記憶・記録に残る雷

「記憶・記録に残る雷」の一覧

雷鳴と稲妻(ヨハン・シュトラウス)

ポルカ」雷鳴と電光 作品324

319.jpg

1868/2/16にディアナーザルのヘスペルス舞踏会で初演。
前年パリ万博に出品されたクルップ社の大砲の音を雷に見立てたとの説がある。
大太鼓が「ドン」となる。

付和雷同

意味は知っていても、よくわからないことば

「付和」は自分の意見を持っていないで、他人の意見に簡単に賛成することで「附和」とも書きます。 「雷同」は雷が応じて響くように、他人の意見に同調することだそうです。

クラシック音楽の中での雷の表現

雷を音楽で表現することは難しかった

beethoven.jpg

2007/06/17、某交響楽団の打楽器奏者Fさんと昼を食べながら、お話しました。本サイトの「雷」の話をしながら、クラシックの中にも、結構、「雷」が出てきますよね、ということに話が進みました。

彼の説明によると、クラシック音楽では、いろいろな風景や情景を音で表わします。 たいていのことは、表現できており、どのように表現すべきかという考え方は出来上がっている。
のどかな風景、山並み...、怒りや愛情や喜び・失望など。
ただ、雷を音でどのように表現するかは、長い間、課題となっており、適切に表現する作曲家が現れなかった。

万葉集から

たまには、万葉集など口ずさんでみてはいかがでしょう。 天雲の 近く光りて 鳴る...

雷の呼び名いろいろ

雷への恐怖・宗教的な恐れ

06.jpg

雷は昔から、地震、雷・・・と、怖いものの代表に上げられています。
落雷の音、電流が引き起こす衝撃は、宗教的な恐れともなり、
落雷地点や被害にあった物が信仰の対象となることもめずらしくありません。
そのようなことで、各地に雷神社などができたように思われます。
同時に、雷は雨をもたらす恵みのしるしでもあり、
人々は恐れと同時に不思議な愛情も示しています。

アルプス交響曲

究極の雷表現:トタン板

strauss.jpg

雷を音楽の中で表現した数ある作品のなかで、究極は、リヒャルト・シュトラウス(左の写真) のアルプス交響曲である。 この中で彼は、通常の楽器では、雷の凄みを出し切れず、満足できず、トタン板をぶら下げて、それをゆすり、「どどどど....」という雷鳴を表している。さすがに迫力はすごい。

超人こそ稲妻である・・・ニーチェ

ツァラトゥストラはかく語りき(ニーチェ)より抜粋(岩波文庫)

nietzsche.gif

第1部(3)

あなたがたの罪が天の審きを求めて大声をあげているのではない。
叫んでいるのはむしろあなたがたの自己満足だ。
あなたがたの罪のけちくそさそのものだ!
だが、その舌であなたがたをやきほろぼすような稲妻はどこにあるのか?
あなたがたに植えつけられなければならない狂気はどこにあるのか?

デカルトの時代の雷観

雲と雲の衝突?

Descartes.jpg

雷とは何か、何で発生するのかということについて、デカルトのような学者でさえ、雲と雲の衝突の音と考えていたようだ。彼も時代の子である。
上にある雲が、下のほうにある雲の上に落ちたときの音が雷鳴であると。

ギリシャ神話から

稲妻:

32.jpg

ギリシャ神話では、ゼウスが雷の稲光を槍のように投げる雷矢とされた。ゼウスはこの矢を使って戦いに勝利するとされた。ゼウスはもともと雷神である。

道真の祟りと恐れられた清涼殿2度の落雷

藤原道真は平安時代の秀でた学者、政治家である

tenmangu.jpg

承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月31日)

古今集

古典の中の雷

日本の古典文学で、空(そら)を読むというと、月を読むものが多い。
星に関するものは本当に少ない。外国の、星に対する興味の強さを考えると不思議である。
あまり、知られていないようだが、日本の文学には、非常に古くから、雷に関するものが多い。
専門家ではないので、歴史的な重要さはわからないが、
古いものほど、日本人の自然観、ものの見方などを理解するのに重要ではないかと思える。

冬空に大音響あれば

冬空に大音響あれば大雪のきざし。

19.jpg

雷は冬にも発生する。そしてここでいう雷はその冬のかみなりである。
北陸地方、とくに雪がよく降る地域で発生する。シベリアからの寒気が日本海で暖められ、
水蒸気を含んだ空気となり、北西の季節風にあおられて、山脈にぶつかり、上昇する。
上空の冷気と下からの暖気が転倒を起こし、雷雲が発生するというシナリオが考えられている。

幻想交響曲

幻想交響曲:4台のティンパニーによる雷

berlioz.jpg

幻想交響曲は、ベルリオーズの代表作です。
彼は当時の管弦楽法の第一人者で、1844年に著した「近代楽器法と管弦楽法」も、
後の多くの作曲家に計り知れない影響を与えたといわれています。

ベルリオーズは、この幻想交響曲の第4楽章断頭台への行進が始まる直前の部分で、
4台のティンパニーを使い、見事な和音のうねりで「遠雷」の響きをつくっています。
その不気味なうねりは、次の楽章「断頭台(ギロチン)への行進」を予感させるのに
十分ななんとも言えない不吉な重苦しい響きです。

日本書紀から:イザナギノミコトは雷の化身?

頭には大雷居り、胸には火雷(ほのいかづち)居り、
腹には黒雷居り、陰には折雷居り、左の手には若雷居り、右の手には土雷居り、
左の足には鳴雷居り、右の足には伏雷居り、
あわせて八はしらの雷神成り居りき。

青天の霹靂

青天とは

seiten.png

よく「晴天」と間違えられるが、正しくは「青天」である。
意味はそれほど違わないが、「青天」というと、雲ひとつない青空の印象がもっとつよく感じられる。

東の雷、雨降らず

東の雷雲は遠ざかる

05.jpg

夏の入道雲によって、雷雲が発生したとき、雷雲は西から東へ移動する。
そのため、東の雷は遠ざかっていくものなので、
雨の心配、落雷の心配も少ないということになる。

寒中の雷は豊作...

ことわざ・言い伝え:寒中の雷は豊作の兆し

22.jpg

北陸地方で多く発生する寒雷は、大陸の高気圧の張り出しによるもので、
北西の季節風が強くなり、山脈に吹きつけられた風が上昇気流となり、
上空で雷雲となることによります。

四月雷は日照りのもと

四月の雷は、各地で干ばつと関連付けられている

306.gif

四月というのは旧暦のことで、現在でいえば、だいたい五月に相当します。
好天が続く年の五月は熱雷が発生することがある。
太平洋高気圧が例年より早く発達し、空梅雨になることもしばしば。

日本の雷観の起源

雷神と連鼓

raijin.gif

古くから雷は、連鼓を背負った雷神として描かれている。
雷神の彫刻は、京都の三十三間堂の木像がもっとも古く、運慶(鎌倉時代)の作とも言われている。

モーセの十戒:出エジプトと雷

聖書の背景

moses.jpg

写真はミケランジェロ作のモーセ像

聖書を知らない人でも、「汝殺すなかれ」という、モーセの十戒については少し知っているかも知れない。チャールトン・ヘストン主演で映画化された。 400年間、エジプトの奴隷となっていたイスラエルの民がモーセに率いられて、エジプトを脱出し、約束の地パレスチナに向かうという出来事である。旅の途中、シナイ山で神様から「十戒」を与えられる。「十戒」とは、その約束の地で、イスラエルが「どのように生きるべきか」示したものであり、神への愛、人への愛に関して守るべき戒めである。
この「十戒」では、雷が重要な要素となって登場する。歴史上もっとも有名な雷の記事ということができる。

雲中に大音響は大雪?...

雪おこし

28.jpg

冬のどんよりとした寒い曇り空の日、雲の中で大きな雷鳴(大音響)が聞こえると、北陸ではいよいよ雪の季節到来となる。
これが「雪おこし」である。

稲光 いなびかり:なぜ稲の字?

雷光になぜ稲の文字?

66.jpg

雷雲が発生すると、雲の中で、稲光が発生し、雲がピカッと光ることがある。
稲光とは、雷の放電による電光のことをいい、稲妻ともいう。
「稲」という文字が使われるのは、雷の電光が稲を実らせると考えられていたという説がある。
日照りの続く夏の夕方、稲光とともに降る夕立は、稲の実りをもたらすともいえます。
雷はさまざまな形で、民間信仰と結びつき、迷信や言い伝えに残っています。
枝分かれした雷光は金色に輝く実った稲穂に見えなくもありません。