Home > 雷とは? > 稲光 いなびかり:なぜ稲の字?

稲光 いなびかり:なぜ稲の字?

雷光になぜ稲の文字が使われるのでしょうか?

66.jpg

雷雲が発生すると、雲の中で、稲光が発生し、雲がピカッと光ることがある。
稲光とは、雷の放電による電光のことをいい、稲妻ともいう。

雷が雨をもたらすので、豊作との関係

「稲」という文字が使われるのは、雷の電光が稲を実らせると考えられていたという説がある。
日照りの続く夏の夕方、稲光とともに降る夕立は、稲の実りをもたらすともいえます。
雷はさまざまな形で、民間信仰と結びつき、迷信や言い伝えに残っています。

稲光は稲の穂を連想

枝分かれした雷光は金色に輝く実った稲穂に見えなくもありません。
ちょうど稲が色づく季節に見る雷光は稲穂を連想させたのでしょうか。

科学的な目で見る落雷のプロセス

落雷の電光は、ギザギザ・ジグザグに折れ曲がって、雲から地上に一気に落ちてくるように見える。しかし、実際の稲妻は、雲の下の方から、地上に向かって数十メートル電光が走り、そこで止まる。続いて、その経路を伝って、電光がさらに数十メートル進み、それを繰り返して、地上に向かって電光の道ができていく。そうしてできた道がついに地上に達すると、今度は逆に地上から一気に雲に向かって電光が走る。
これが落雷である。
このプロセスは100分の1秒のような短い時間に起こるので、人の目にはひとつの電光と見え、雲から一気に電光が走るように見える。

カテゴリ: 雷とは? , 雷の基礎知識