Home > 雷とは? > 雷による核反応

雷による核反応

雷による核反応を解明=新潟でガンマ線検出、京大など
2017/11/23(木) 3:02配信 時事通信

記事によると、雷で発生したガンマ線が大気中の窒素の原子核に当たって中性子や陽電子を生み出し、
さらにガンマ線を発生させる反応を検出したと、京都大や東京大、北海道大などの研究チームが
23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

検出は今年2月6日。東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の敷地内4カ所に設置した高性能な放射線検出器で、
沿岸に落雷があった際、エネルギーの高い電磁波であるガンマ線を捉えた。
雷による原子核反応は理論的に予想されていたが、明確な証拠を得たのは初めてという。

雷が起きると、大気中で加速された電子が窒素や酸素に衝突して最初のガンマ線が生じる。
このガンマ線がさらに別の窒素に衝突し、中性子と不安定な窒素同位体(窒素13)が発生する。

中性子は玉突きのように別の窒素に当たり、2種類目のガンマ線が発生。
一方、窒素13は炭素同位体(炭素13)に崩壊し、
その際発生した陽電子が大気中の電子と出合って消滅する際、3種類目のガンマ線が発生する。

京都大の榎戸輝揚特定准教授によると、
これらのガンマ線は雷から数百メートルの範囲でほぼ同時に発生し、
一瞬の現象のため人体の健康には影響しないと考えられる。

 

カテゴリ: 雷とは? , 雷の基礎知識