Home > 季節の雨 > 梅雨・つゆ

梅雨・つゆ

梅雨

夏至の前後、6月の初めから、7月の下旬までの雨期で、じめじめとした長く続く雨のことをいいます。
語源は諸説ありますが、「露・つゆ」や「潰ゆ・ついゆ」などが知られています。
「梅雨」と書くのは、梅の実が熟す季節と重なるためともいわれます。
カビの時期のため、俳句などでは、「黴雨」(ばいう)ということもあります。

いろいろな梅雨

迎え梅雨・走り梅雨・前梅雨

梅雨の前に、梅雨を思わせるような雨が降ることがあります。そろそろ入梅かと思わせる雨のことを迎え梅雨・走り梅雨・前梅雨などといいます。

送り梅雨

迎え梅雨の反対が、送り梅雨です。梅雨の終わりになると、激しい雷雨があります。この大雨が終わると、梅雨が開け、一気に夏となります。
送り梅雨もなかなか味のある言葉です。
大雨による洪水などの水害が発生する時期でもあり、
また、この時期の激しい集中豪雨を暴れ梅雨、荒れ梅雨といいます。

返り梅雨・戻り梅雨・残り梅雨

ところが、あけたと思った梅雨が戻ってきたような雨が2,3日続くのが、返り梅雨。

男梅雨・女梅雨

激しくザーッと降って、サッとあがるタイプの降り方の梅雨を男梅雨といいます。陽性型。< br /> しとしと降り続く梅雨を女梅雨といいます。今では、男と女のイメージが逆転しているかも知れません。あまり、使わないのもそのためでしょうか?

空梅雨

梅雨の季節に雨が降らない、少ないと空梅雨といいます。水不足、旱魃などが心配になります。梅雨の季節が好きな人はあまりいませんが、でも、ちゃんと降ってもらわないとたいへんです。
枯梅雨・乾梅雨・涸梅雨・旱(ひでり)梅雨・照り梅雨などの呼び名があります。

梅雨の字がつく雨

菜種梅雨

菜の花の季節にしとしと続く雨のことをいいます。

筍梅雨

もともとは伊勢や伊豆の漁師ことばで、雨ではなく、南東の風を指していたらしい。
風といっても、雨になることが多かったことがあり、筍の出る季節(4月ごろ)の長雨を指すようになりました。
菜の花も、筍もほとんど同じころですが、菜の花のほうが少し先かもしれません。
正確な違いがあるわけではないので、どちらの名前で呼ぶのがふさわしいか、ちょっと違いを見つけるのは難しそうです。
菜の花と筍のどちらがスーパーに並んでいるかで、判断するのも難しい時代です。
どこで、採れた菜の花か、どこで採れた筍かわからないけれども、季節にかかわらず並んでいるものもあります。
野菜で季節はわからなくなってしまいました。

カテゴリ: 季節の雨 , 夏の雨