Home > 季節の雨 > 春雨じゃ、濡れてまいろう

春雨じゃ、濡れてまいろう

春雨はなぜ濡れたくなる?

01.jpg

春雨は柔らかい

春雨と書いて、「はるさめ」と読みますが、本来は「春小雨」で「はる」・「さめ」だそうだ。
もちろん、春の雨だからと言って、豪雨のような強い雨も降りますから、いつも同じような柔らかい降り方をするわけではありませんが、
春雨は雨粒の小さな雨が柔らかく降るイメージです。
冬が終わって、季節が春になると、雨も、かつての冷たさがなくなります。
温かい雨とまでは言えませんが、
春雨には、ちょっと濡れてもいいかなと思わせる心地よい柔らかさがあります。

春雨は明るくて暖かい

春雨は冬が終わって、春の暖かさがもたらす雨です。
だから、冷たく震えるような冷たさがありません。
冬の陰鬱さはなく、春らしい明るさが満ちています。

春雨は生命にあふれている

春雨の一番の特徴は生命感ではないでしょうか。春雨に潤された木々や草の緑はいのちにあふれています。

月様。雨が...

春雨じゃ。濡れてまいろう

誰でも知っている有名なフレーズは、やはり春雨にぴったりです。

カテゴリ: 季節の雨 , 春の雨