Home > 季節の雨

「季節の雨」の一覧

氷雨

氷雨と言えば演歌で知った人も多いでしょう

外は冬の雨まだやまぬ。この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど、かえりたくない・・・
氷雨は氷のように冷たい雨ではなく、本当に氷の雨を思わせる冷たさがあります。

梅雨・つゆ

梅雨

夏至の前後、6月の初めから、7月の下旬までの雨期で、じめじめとした長く続く雨のことをいいます。
語源は諸説ありますが、「露・つゆ」や「潰ゆ・ついゆ」などが知られています。
「梅雨」と書くのは、梅の実が熟す季節と重なるためともいわれます。
カビの時期のため、俳句などでは、「黴雨」ということもあります。

電雨

電雨とは雷雨のことです。
なんだか、がっかりさせたかもしれません。
「電」というのは稲妻のことです。

白雨・はくう

白雨とは夕立のことです
「しらさめ」ともいいます。
太い雨脚、地を叩くしぶきが明るい空からの光で白く見える様子を白雨といいうます。

甘雨

烟る・けむるように、やわらかく、やさしく降り注ぐ雨。
春になり、草木の成長を促すように、いのちを与える雨。ここちよいやわらかさ。
甘の字の「甘さ」はやさしさをあらわすのだろうか。

五月雨を集めて速し最上川

もっとも昼が長い季節は雨の季節

05.jpg

一年のうちで、もっとも昼が長いのは灼熱の太陽が照り輝く真夏ではなく、
意外にも、もっとも雨が多く、じめじめした季節です。
湿り気が身体にまとわり付くような、不快極まりない季節であり、ものがカビやすく、気もめいる季節でもあります。
この時期の雨を「五月雨・さみだれ」、この季節を「梅雨つゆ」といいます。

春雨じゃ、濡れてまいろう

春雨は冬が終わって、春の暖かさがもたらす雨です。だから、冷たく震えるような冷たさがありません。冬の陰鬱さはなく、春らしい明るさが満ちています。春雨は生命にあふれています。 春雨は新しい命をもたらす雨です。