Home > 豪雨と災害 > 9月26日は災害が多い

9月26日は災害が多い

気象現象の特異日:9月26日

昔から「11月3日は雨が降らない」といわれ、実際、この日はいつも秋らしい晴天の日になるという印象があります。
しかし、そんなよい天気ばかりではなく、悪い天気、それどころか災害になるほどの台風の雨や風の日が多いという恐るべき災害の日があります。それが9月26日です。

日本で1000人を超える死者が出た6つの台風のうち後半の3つがこの日に

  1. 室戸台風:1934/9/20~21:死者不明者3,036名
  2. 枕崎台風:1945/9/17~18:死者不明者3,756名
  3. ・カスリーン台風:1947/9/14~15:死者不明者1,930名
  4. 洞爺丸台風:1954/9/25~26:死者不明者1,761名
  5. 狩野川台風:1958/9/26~28:死者不明者1,269名
  6. 伊勢湾台風:1959/9/26~27:死者不明者5,098名

9月26日は台風シーズン真っ盛り

洞爺丸台風、狩野川台風、伊勢湾台風という3つの台風がこの日に関係しています。この台風以外にも、9月26日の前後の日には、過去に多くの台風がやってきています。
ちょうど台風のシーズン真っ盛りで、毎年9月26日の前後は台風に「要注意」です。

特異日

ある特定の日に、偶然とは思われないほど、同じような気象状態が現れる日を「特異日」と呼んでいます。
晴れやすい日や雨の降りやすい日など、いろいろありますが、9月26日は強い台風が来ることが多い「特異日」として知られています。
洞爺丸・狩野川・伊勢湾台風はいずれもこの日にかかわって、列島に甚大な災害をもたらした台風として有名です。

防災の日の9月1日、震災の日の3月11日とともに、台風災害の日として9月26日を覚えておくのも悪くありません。

カテゴリ: 豪雨と災害 , 災害の記録