Home > 豪雨と災害 > 典型的な都市型豪雨:練馬豪雨1999年7月21日

典型的な都市型豪雨:練馬豪雨1999年7月21日

都市型・局地的

1201.jpg

1999年7月21日の午後3時ごろからの「練馬豪雨」は、典型的な都市型・局地的な豪雨でした。
1時間に131mmという豪雨の激しさとともに、この豪雨のおおきな特徴は、範囲の狭さです。
この激しい雨が降ったにもかかわらず、アメダスが雨量を観測したのは、練馬区のこの地域の他には埼玉県と茨城県のほんの一部だけでした。

同じ東京都内のほかの地域や千葉や神奈川では、雨が観測されなかったというのですから、驚きです。

浸水、落雷

局地的、短時間でも、100mmを超える雨となると、河川が氾濫してしまいます。
都市部のコンクリートの地面は、このような大雨を吸収する能力がありません。

地下に流れ込む水に逆らって地上に逃げることは困難

家屋の浸水とともに、地下室へ流れ込んだ水によって、一人の方が亡くなられました。
この豪雨が都市に突きつけた問題は地下室への雨水の流入という問題です。
いろいろな実験で明らかになったのは、地下にいて、地上の雨が階段から激しく流れ落ちてくると、
とても流れに逆らって避難することができないことがわかってきました。
都市部では、ほとんどの道路はコンクリートで、建物が密集しており、地面に吸水能力がほとんどありません。
豪雨の雨水は下水だけでは処理で見ませんので、地下への通路から流れ込むことになります。
地下での作業、地下の商店街、地下鉄など、都市ではたくさんの人が地下にいますので大きな課題です。

豪雨には雷も伴う

またこの日は各地で落雷があり、雷でも一人亡くなる事故が神奈川で発生しました。
豪雨は水の災害とともに、雷の被害も伴いますので、ダブルパンチです。

局所的な豪雨は予測できない

しかも、いったん降るとなるとちょっと遅れただけで、
避難するのも困難になるほどの雨量を今回の豪雨は記録しました。
突然襲ってくるすさまじいばかりの豪雨と雷。
このような都市型豪雨が近年増加しているように思われています。

カテゴリ: 豪雨と災害 , 災害の記録