Home > 雨の哲学 > 茂吉の雨のうた

茂吉の雨のうた

斉藤茂吉と言えば、伊藤左千夫門下で、大正から昭和前期にかけてのアララギ派の中心人物です。

あはれあはれここは肥前の長崎か唐寺の甍にふる寒き雨 (『あらたま』)

このうたは、代表歌の一つとして有名。
雨を詠んだ歌は、けして多くはないが、さすがという歌が多い。

  • しみじみと 雨降りいたり 山のべの 土赤くして あはれなるかも
  • 沈黙の われに見よとぞ 百房の 黒き葡萄に 雨ふりそそぐ
  • 寒き雨 まれまれに降り はやりかぜ 衰へぬ 長崎の年 暮れむとす
  • あはれあはれ ここは肥前の 長崎か 唐寺の 甍にふる 寒き雨
  • ゆふされば 大根の葉に ふる時雨 いたく寂しく 降りにけるかも
  • 雨かぜの はげしき夜に めざめつつ 病院のこと 気にかかり居り

カテゴリ: 雨の哲学 , 雨をうたう