Home > 雨の基礎知識 > 雨粒の形

雨粒の形

雨粒は降ってくるときどんな形をしているのでしょうか?

rain_02.gifrain_01.gif

雨の粒は絵に描くと、たいてい涙形か球型になります。
どちらが本当の雨粒の形なのでしょうか。

雨粒の基本的な形は球形

雨粒は水滴ですから、雨粒の水の分子が互いに引っ張り合う力によって、粒となっています。この力を表面張力と言います。
表面張力は雨粒の表面積ができるだけ小さくなるように働きます。そのため。雨粒はできるだけ球に近い形になろうとします。

雨粒は落ちてくるとき変形する

雨はどうして降ってくるのでしょうか?
雨が降ってくるのを見て、ある人はあたりまえと思い、ある人はとても不思議なことと感じかもしれません。
雲の中にできた雨の粒は小さいときには、下に引っ張る重力と空気の抵抗や上昇気流でバランスして、雲の中にとどまっています。
雨の粒がある大きさになると重力が勝って、雨として降ってきます。
雨になるか、雲の中の水滴のままかという分かれ道が、直径0.2ミリ程度といわれています。

まんじゅう型からおわん型

rain_04_2.gifrain_03.gif

丸い雨粒も上昇気流や空気の抵抗を受けながら落ちてくるので、変形します。下面に空気の力を受けるために、球形から、徐々にお饅頭のように下が平らに変形します。
雨の粒が大きくなり、落ちるスピードが速くなると、下は平らではなく、凹んで、足のないクラゲというか、おわんを逆さにしたような形になります。 さらに変形が進むと、ばらばらに散乱して、球形に近い、小さな雨粒になってしまいます。

カテゴリ: 雨の基礎知識 , 雨はどのようにできるのか