Home > 雨の基礎知識 > アメダスっていったい何?

アメダスっていったい何?

アメダスって雨の観測システムですか?

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。

観測機網を使って気象情報を連続的に細かく取得

雨だけでなく、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を無人で自動的におこなうシステムで、
気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

アメダスは全国に設置された観測機による観測システム

アメダスは1974年11月1日から運用が開始されました。
現在では、降水量を観測する観測所は全国に約1,300ヶ所もあります。
このうち、約850か所では降水量だけでなく、風向・風速、気温、日照時間も観測しています。
雪の多い地方の約290か所では積雪の深さも観測しています。

カテゴリ: 雨の基礎知識 , 観測