Home > 観測

「観測」の一覧

アメダスっていったい何?

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。

雨だけでなく、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を無人で自動的におこなうシステムで、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

降水量はどのように測られているのか

「転倒ます雨量計」は2つの水を受ける「ます」がシーソーのような構造で付いているものです。その一つに雨水を注いで溜め、いっぱいになると「ます」が転倒して溜まった水を捨て、もう一つの「ます」が雨を受け始めます。何回「ます」が転倒したか回数をカウントすると量がわかります。また、「ます」が転倒した時刻を記録しておけば、時間当たりの雨量も知ることができるのです。このようにして雨がたくさん降っても、雨量計はあふれることなく、測定を続けることができる仕組みになっています。