Home > 雨の基礎知識 > 雨の強さと人の受けるイメージ

雨の強さと人の受けるイメージ

雨の強さを知る

101.gif

天気予報などで雨量の説明を聞くいても、実際にどのように降るのかわかるようで、意外にわかりにくいものです。
たとえば、1時間10mm程度の雨とはどのような振りかたをするのでしょうか。
次の表は気象庁が平成12年8月に作成した表(平成14年1月一部改正)がありますので、
その一部を抜粋して紹介いたしましょう。

1時間雨量 (mm) 予報用語 人の受けるイメージ 人への影響
10以上~
20未満
やや強い雨 ザーザーと降る 地面からの跳ね返りで足元がぬれる
20以上~
30未満
強い雨 どしゃ降り 傘をさしていてもぬれる
30以上~
50未満
激しい雨 バケツをひっくり返したように降る
50以上~
80未満
非常に激しい雨 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く) 傘は全く役に立たなくなる
80以上~ 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる

カテゴリ: 雨の基礎知識 , 雨の降り方