Home > 雨の降り方

「雨の降り方」の一覧

降水量について

降水量というのは、降った雨がどこにも流れていかず、地面にしみ込まず、蒸発せずに、そのまま溜まった場合の水の深さで、ミリ(mm)で表します。

降った雨は流れて低い狭いところに集中するということです。 町や地域全体に降った100ミリの雨が、すべて道路(また下水)に集中したら、面積の比から何倍になるか予想できるでしょうか。
5倍、10倍になると、水深は50センチ、1メートルになります。

雨の強さと人の受けるイメージ

雨の強さを知る

101.gif

天気予報などで雨量の説明を聞くいても、実際にどのように降るのかわかるようで、意外にわかりにくいものです。
たとえば、1時間10mm程度の雨とはどのような振りかたをするのでしょうか。
次の表は気象庁が平成12年8月に作成した表(平成14年1月一部改正)がありますので、
その一部を抜粋して紹介いたしましょう。