Home > 雨の基礎知識

「雨の基礎知識」の一覧

雨粒の大きさ

雲の中で水滴や氷晶が浮いているのは、粒が小さいためです。
雲の中の水滴や氷晶のサイズは、だいたい半径0.1ミリ以下です。
つまり、0.1ミリ以上になると、雨になって地上に落ちてくるということになります。

入道雲が発達して、上空まで達すると、水滴はその中を落ちていくときに、他の水滴と衝突して、2つの水滴が一つになることによって、どんどん大きくなります。
およそ、半径3ミリが雨粒の最大のサイズといわれています。

雨粒の形

雨の粒は絵に描くと、たいてい球型か涙形になります。
表面張力は雨粒の表面積ができるだけ小さくなるように働きます。そのため。雨粒はできるだけ球に近い形になろうとします。
丸い雨粒も上昇気流や空気の抵抗を受けながら落ちてくるので、変形します。下面に空気の力を受けるために、球形から、徐々にお饅頭のように下が平らに変形します。

雲:水蒸気と水滴と氷の粒とそして雨

お湯を沸かすと、沸騰して激しい蒸気が出ます。
このときの白い湯気は水蒸気ではありません。沸騰したお湯から出た水蒸気が空気に触れて冷やされ、水滴になったものです。白く見える湯気は水滴です。
水蒸気は水が完全に気体になった状態ですから、空気と同じように無色透明の気体で、空気とまじりあっていて、目で直接見ることができません。

雨は雲から降ってくる:雲の中にとどまる水滴と雨として降る水滴の違い

雲粒は非常に小さく、直径はほぼ1ミクロンから10ミクロン程度です。それに対して雨の粒は小さいもので100ミクロン(0.1ミリ)です。直径が100ミクロン程度になると、空気の抵抗・上昇気流にかって下に落下し始めます。これが雨です。

アメダスっていったい何?

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。

雨だけでなく、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を無人で自動的におこなうシステムで、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

降水量はどのように測られているのか

「転倒ます雨量計」は2つの水を受ける「ます」がシーソーのような構造で付いているものです。その一つに雨水を注いで溜め、いっぱいになると「ます」が転倒して溜まった水を捨て、もう一つの「ます」が雨を受け始めます。何回「ます」が転倒したか回数をカウントすると量がわかります。また、「ます」が転倒した時刻を記録しておけば、時間当たりの雨量も知ることができるのです。このようにして雨がたくさん降っても、雨量計はあふれることなく、測定を続けることができる仕組みになっています。

降水量について

降水量というのは、降った雨がどこにも流れていかず、地面にしみ込まず、蒸発せずに、そのまま溜まった場合の水の深さで、ミリ(mm)で表します。

降った雨は流れて低い狭いところに集中するということです。 町や地域全体に降った100ミリの雨が、すべて道路(また下水)に集中したら、面積の比から何倍になるか予想できるでしょうか。
5倍、10倍になると、水深は50センチ、1メートルになります。

雨のもとになる上昇気流を生み出す4つの要因

上昇気流はいろいろな原因で発生する

上昇気流が、いろいろな原因で発生するというと、驚くかもしれません。
上昇気流というと、普通、思いつくのは、次の項で紹介しえちる地面や海面が暖められることです。
しかし、実際の気象では、ほかにもいろいろな上昇気流を生み出す原因があります。

素朴な疑問:雨はどのようにしてできるのか?

冬に部屋の温度が高く、外の温度が低くなると、窓ガラスの内側に水滴ができます。室内の暖かい空気に含まれている水分が、窓ガラスで外の低い温度の空気に冷やされ、水蒸気を保持できなくなり、水滴となったのです。これとまったく同じことが上空で起こったのが、雲や雨です。

雨の強さと人の受けるイメージ

雨の強さを知る

101.gif

天気予報などで雨量の説明を聞くいても、実際にどのように降るのかわかるようで、意外にわかりにくいものです。
たとえば、1時間10mm程度の雨とはどのような振りかたをするのでしょうか。
次の表は気象庁が平成12年8月に作成した表(平成14年1月一部改正)がありますので、
その一部を抜粋して紹介いたしましょう。