Home > 心地よく眠るには > 睡眠によい食べ物

睡眠によい食べ物

夜に食べる食べ物は睡眠に影響を与えます

133.jpg

睡眠を促すトリプトファン(アミノ酸)というホルモンがありますが、これは体内で鎮静作用のある物質、セロトニンとメラトニンを作り、睡眠を誘発するので、寝る前に食べるにはよい食物です。 トリプトファンを多く含む食品は牛乳、はちみつ、卵の白味、ツナなどです






日本は昔から夕食を豪華にする習慣がある

132.jpg

トリプトファンは炭水化物と一緒に摂ると、吸収されやすくなります。炭水化物を多く含む食べ物は、インスリンを放出します。インスリンはトリプトファンと競合するアミノ酸を血液から取り除き、トリプトファンが脳に入れるようにサポートし、脳を鎮めます。 カルシウムは脳がトリプトファンからメラトニンを作るのを助けます。

131.jpg

睡眠のためには、体を温めることが有効ですから、冷たい牛乳ではなく、温めて飲むのがよいといえます。 最良の組み合わせとしては、カルシウムを含む温めた乳製品を炭水化物と一緒にとるということになりそうです。 暖めた牛乳や卵というと、まるで朝食のようですが、このような食事が穏やかな眠りにはよいのです。

カテゴリ: 心地よく眠るには