Home > 心地よく眠るには > 睡眠とアルコールの功罪

睡眠とアルコールの功罪

アルコールは寝つきをよくする

89.jpg

電車の中で酔いつぶれて寝ている人をよく見かけます。お酒を飲むと眠くなります。実際、世界中のいたるところで、眠りにつくための寝酒の習慣があることでもうなづけます。

お酒を飲むと明かりを消してから眠りにつくまでの時間は短くなり、眠りやすくなります。アルコールのプラス効果は寝付きをよくすることです。

アルコールは眠りを浅くする

410.jpg

ところが意外なことに、睡眠の専門家はアルコールは眠りには、効果よりも害の方が大きいと指摘しています。
その第一が
眠りを浅くすることです。
脳が休息する、もっとも深い睡眠のレム睡眠が減少します。
眠りが浅くなると、睡眠の満足感がないため、朝起きにくくなり、疲れがとれません。

アルコールは中途覚醒を増やす

アルコールを飲んで眠ると、眠りが浅くなるため、ちょっとしたことで目が覚めるようになります。その結果、睡眠時間が短くなったり、睡眠の充足感を得にくくなります。
睡眠不足なりやすくなります。

アルコールは夜のトイレを増やす

140.gif

アルコールには利尿作用があり、トイレで目が覚める可能性も増やします。
特に、ビールなど水分を多く取ると、トイレで目覚めることが多くなります。

寝酒はアルコールの量を増やす

寝つきが悪い人は、睡眠薬代わりにアルコールを飲むことが多いと思います。しかし、寝酒は、量が急速に増えることが多いともいわれています。
意外に、寝酒からアルコール依存になるケースが多いそうです。アルコールよりも、寝付きのための場合は、安全性の高い睡眠薬が開発されていますので、アルコールよりも睡眠薬の方が安全といわれています。不眠で苦しんでいる場合は、アルコールに頼るのではなく、医師に相談することもよいことです。
しかし、眠るための知恵はいろいろあります。エッセンシャルオイル、昔ながらの卵黄油などを、まず、試してみてはいかがでしょうか。
また、睡眠薬とアルコールの併用は絶対に避けなければなりません。
安易にアルコールを飲んで眠るのではなく、いろいろな角度から自分の眠りの問題点を確認し眠るための別の方法を見つけ出すことが望ましいことです。

糖質ゼロはカロリーゼロではない

余談ですが、最近、糖質ゼロをうたったアルコールが宣伝されていますが、糖質ゼロであっても、カロリーはゼロではありません。アルコールそのものにカロリーがありますので、その点をお間違えなく。

カテゴリ: 心地よく眠るには