Home > 心地よく眠るには > 眠るためのエッセンシャルオイル

眠るためのエッセンシャルオイル

ラベンダーが有名

245.jpg

エッセンシャルオイル(精油)のラベンダーを湯船に数的落として、深呼吸してエッセンシャルオイルの蒸気を吸い込むと、身体が温まるだけでなく、気分もリラックスできて、睡眠の準備ができます。

ラベンダーならこどもにも安心

ラベンダーは気分を落ち着かせる沈静作用が有名で、睡眠を助けるエッセンシャルオイルとして有名です。幼児が興奮して眠れない場合など、ティッシュや枕に少しつけることで、気分を落ち着かせ、穏やかな眠りをもたらしてくれます。

ラベンダー以外の製油

また、ラベンダーは価格の面でももっとも使いやすい精油ですが、好みもあり、他の精油を使うこともできます。 ラベンダー以外で睡眠によく使われるのはマージョラムです。さらにかなり高価ですが、ネロリがあります。ネロリなどの場合は枕に数滴たらすような使い方がお勧めです。

製油の使われ方

244.jpg

精油の場合、日本ではあまりなじみがないため、香りをかぐ程度に考えられていますが、精油の成分の一部はさまざまな薬品の現状に利用されており、西欧では大きな効果が知られています。精油は非常に濃縮されているため、正しく用いることが必要です。ラベンダーは直接肌につけることができますが、多くの精油はオリーブオイルなどで稀釈して使う必要があります。

家庭の常備薬として使われているラベンダー

ちなみに、ここで紹介した精油は安全性が知られている代表的な精油ですので、安心して使うことができます。特にラベンダーは、西洋ではほとんど万能薬のように家庭で用いられるオイルです。たとえば、やけどの場合など、民間療法ではアロエがよく使われますが、ラベンダーのほうが痛みにも、治癒力でも、アロエよりはるかに高く評価されています。殺菌作用があるため、カップに数的のラベンダーオイルを入れ、熱湯を注ぐと、空気が浄化されます。香りもよく、安心して使えるので、インフルエンザの季節などには、たいへん便利です。

ラベンダーの製油は花から抽出したものと花と葉から抽出したものがあります。効能の違いはあまり明確ではありません。花から抽出したものの香りはシンプルで、花と葉から抽出したものは深みがあるように感じられます。

カテゴリ: 心地よく眠るには