Home > 心地よく眠るには

「心地よく眠るには」の一覧

眠りにつくためのトレーニング:暗示によって筋肉の緊張を解く方法

床についてから、なかなか寝付けないという悩みを持っている方はとても多く、 深刻な悩みとなっています。
「眠れない」と感じることが極度の緊張を生み出すため、さらに「眠れない」ことになります。
ドイツの精神医学者シュルツが考案した筋弛緩法は、徐々に緊張を解きながら眠りに引き込まれていくように自分に暗示をかけます。
こころも身体もリラックスすることが入眠のきっかけになります。

睡眠のための漸進的筋弛緩法

たいへん難しそうなタイトルがついていますが、 身体の筋肉の力を順番にゆるめていくのが、漸進的筋弛緩法です。
一度で全身の力を抜くのではなく、部分ごとに順番に筋肉の緊張をゆるめていくのがポイントです。

入浴

入浴すると、気持ちよく眠ることができます。
身体を暖めることによって、眠りにつきやすくなります。
しかし、熱い風呂の場合は、脳や身体を目覚めさせる可能性があり、かえって目が覚めて眠りを妨げます。

眠るためのエッセンシャルオイル

ラベンダーが有名 エッセンシャルオイル(精油)のラベンダーを湯船に数的落として、...

睡眠とスポーツ:眠りによい運動は?・眠りを妨げる運動は?

スポーツ選手は運動していない人より、一般的に眠りが深いといわれます。
普通、運動で疲れると、よく眠れるといいます。

夕食・夜食の睡眠への影響

夕食の量が多いとき、また9時を過ぎてからの夕食は、一般に睡眠の質を悪化させます。睡眠は身も心も休息するときです。消化器にも休息が必要です。
睡眠中に胃腸が活発に働くと目覚めやすくなったり、眠りが浅くなったりします。

コーヒーとカフェイン:睡眠への影響

p>職場や家庭で、昼に眠気を感じたとき、眠気さましとして最初に浮かぶのが一杯のコーヒーでしょう。
誰かと打ち合わせをするときの挨拶も、夜ならアルコールでしょうが、昼は、「ちょっと、コーヒーでも?」
となります。

疲れたときのコーヒーは、気分をリラックスさせ、気持ちをリフレッシュしてくれます。
気分をリフレッシュし、疲れた気分や身体をシャキッとしてくれるのは、コーヒーに含まれるカフェインの働きです。
カフェインは眠気を防止するために大きな効果があることはよく知られています。

睡眠とアルコールの功罪

電車の中で酔いつぶれて寝ている人をよく見かけます。お酒を飲むと眠くなります。実際、世界中のいたるところで、眠りにつくための寝酒の習慣があることでもうなづけます。

お酒を飲むと明かりを消してから眠りにつくまでの時間は短くなり、眠りやすくなります。アルコールのプラス効果は寝付きをよくすることです。

睡眠によい食べ物

夜に食べる食べ物は睡眠に影響を与えます 睡眠を促すトリプトファン(アミノ酸)とい...

眠りによくない食べもの

ベーコン、チーズ、ハムなどはチロシンを多く含みます。チロシンというアミノ酸は、脳を刺激し、覚醒させます。チロシンは脳内で、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの興奮物質になり、眠りを妨げます。眠りに入る前にはこのような食べ物はなるべく控えた方が賢明です。

睡眠のための環境:寝室の温度

湿気の多い日本の夜では、部屋の温度が30度を超えると、寝苦しくなります。寝苦しい夜はノンレム睡眠、レム睡眠とも減少し、その分、眠りが浅くなり、夜中に目を覚ますことが多くなります。
温度が36度ぐらいになり、その上風がない夜は、ほとんど眠れない苦しい夜になり、眠れないための寝返りが多くなります。じっと同じ姿勢で寝ていると、布団に接している部分に熱がこもり、寝返りしないと、暑くて耐えられない気分になります。当然、寝付きも悪くなります。