Home > なぜ眠くなる? > 睡眠物質

睡眠物質

睡眠物質の存在

020.jpg

人や動物はなぜ眠るのかという疑問は、わかるようで、わからない難しい問題でした。 疑問への答えを求めて、長く、いろいろな研究がされました。 予想されていた答えの一つは睡眠物質の存在です。

睡眠物質の発見

長い時間、起きていると身体の中に眠くなる物質が徐々に溜まり、ある量を超えると、ついに寝てしまうのではないかという考えです。   この物質を探すための実験に最初に成功したのは、石森国臣という日本の学者です。1909年のことです。

犬を使った実験

「犬を長く眠らせないようしておき、その眠っていない犬から髄液を採取して、別の犬に注射してみるという実験でした。 その結果、注射された犬は十分に睡眠をとっていて、眠くないはずでしたが、眠ってしまったということです。 眠らせなかった犬の髄液の中に溜まった睡眠物質が別の犬を眠らせてしまったのです。

睡眠物質から睡眠薬へから

210.jpg

その結果、今では数多くの睡眠物質が発見され、現在、知られている数は20を越えています。 脳だけでなく、身体のいたるところに存在することがわかってきました。 代表的な存在のメラントニンは、アメリカでは、睡眠補助剤として健康食品のように販売されています。(日本は許可されていません) 人間や動物に自然に溜まる睡眠物質の発見は、安全な睡眠薬、睡眠導入剤の開発に利用されています。

睡眠物質の働きは入眠作用

睡眠の最初にはノンレム睡眠が表れますので、睡眠物質の働きは主にノンレム睡眠を引き起こす作用をするものが主体です。睡眠物質は人の体内に自然に溜まるものですから、安全で、自然の眠りを誘発するものであるという期待から、睡眠物質による入眠剤の開発がすすめられています。

カテゴリ: なぜ眠くなる? , 眠くなる物質