Home > 眠くなる物質

「眠くなる物質」の一覧

睡眠物質の発見(安全な睡眠薬の開発)

人や動物がなぜ眠るのかという疑問は、わかるようで、わからない難しい問題でした。
疑問への答えを求めて、長く、いろいろな研究がされました。

長い時間、起きていると身体の中に眠くなる物質が徐々に溜まり、ある量を超えると、ついに寝てしまうのではないかという考えから「睡眠物質」眠くなる原因物質の探索がテーマになりました。

睡眠物質

人や動物はなぜ眠るのかという疑問は、わかるようで、わからない難しい問題でした。 疑問への答えを求めて、長く、いろいろな研究がされました。 予想されていた答えの一つは睡眠物質の存在です。

長い時間、起きていると身体の中に眠くなる物質が徐々に溜まり、ある量を超えると、ついに寝てしまうのではないかという考えです。   この物質を探すための実験に最初に成功したのは、石森国臣という日本の学者です。1909年のことです。

メラントニン:代表的な睡眠物質

メラントニンは、脳の睡眠中枢に作用して睡眠を引き起こす睡眠物質です。
脳の松果体から分泌されますが、夕方から夜に産生され、深夜に最高値になりますが、朝になると、産生されなくなります。