Home > なぜ眠くなる? > レム睡眠とノンレム睡眠ではどちらが重要か?

レム睡眠とノンレム睡眠ではどちらが重要か?

2つの眠りはそれぞれ大切

「レム睡眠とノンレム睡眠ではどちらが重要か?」と聞かれたたら、たぶん「両方とも重要です。」と答えることになるでしょう。

ノンレム睡眠が重要と思われる点

suimin216.jpg

眠り始め、睡眠の最初に訪れるのは、深いノンレム睡眠です。このことは最重要は最初のノンレム睡眠ということができるかもしれません。
ノンレム睡眠の方が重要ではないかと思われるもう一つの点は、睡眠時間全体での占める割合です。全体の75%程度がノンレム睡眠です。一方、単純に長さで評価できるものなのか、という疑問もあります。

両方の睡眠のバランスが重要と思われる点

balance.gif

しかし、睡眠の初期の段階からノンレム睡眠とレム睡眠は交互に訪れます。約90分の眠りが1サイクルになり、その90分の中にノンレム睡眠とレム睡眠が必ずあります。
比較的短時間の睡眠でも、必ず、両方の睡眠をとるような仕組みになっています。
このことから言えることは、どちらか一方の睡眠が重要なのではなく、睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが大切ということかもしれません。

人間に選択する権利はない?

睡眠は、私たちのコントロール外の問題です。できるだけよい睡眠をとれるよう、眠る以前の準備は重要ですが、眠りそのものは、自由にコントロールできません。
「最初に、ノンレム睡眠を30分、次にレム睡眠を20分」などとコントロールできないのです。
不眠症などの悩みの深さがここにあるといっても過言ではありません。

睡眠のためにできること

何もできないように見えますが、睡眠のためにできることが、いくつもあります。

  1. 就床時刻と起床時刻を規則正しくする
  2. 時計のリズムを整えることです。覚醒している、覚醒すべき時間帯と、睡眠の時間帯のリズムを身体にしっかりと刻むことです。

  3. よい眠りのために生活と環境を整える
  4. 睡眠が心身のリフレッシュをもたらします。脳の休息、記憶の整理統合。身体のメンテナンス、免疫系、ホルモンの分泌、心身の疲労回復など、健康で充実した生活を生み出す力の源です。

    カテゴリ: なぜ眠くなる? , レム睡眠とノンレム睡眠