Home > 睡眠の悩み > 睡眠障害の解決の糸口:不眠のタイプを知る

睡眠障害の解決の糸口:不眠のタイプを知る

どのように眠れないのだろうか

048.jpg

「眠れない」「不眠症」と一口にいっても、いろいろ聞いてみると同じではないようです。
「眠れない」悩み、「不眠症」の悩みを解決するためには、まず、自分がどのように眠れないのかを知ることが大切です。
「眠れない」という漠然とした訴えではなく、できるだけ具体的に症状を把握するように努めましょう。
当然のことですが、原因が違えば、解決策・対策も異なります。

不眠の4タイプ

どのように眠れないのかを、大きく分けると、およそ次の4つに分類されます。

1.寝付けない

なかなか眠りにつけないのは入眠障害ともいいます。
この場合、寝付くことができれば、あとは、朝までぐっすり眠れるというケースもあります。興奮していたり、悩み事があると、床についても、そのことが頭から離れず、堂々巡りで考え続け、かえって目が冴えてしまう場合もあります。
このような不眠の場合は、下記のページが参考になります。
眠りにつくためのトレーニング:暗示によって筋肉の緊張を解く方法
睡眠のための漸進的筋弛緩法

2.ぐっすり眠れない・眠りが浅い

064.jpg

眠れてはいるが、十分眠った感じがしない。眠りが浅くときどき目が覚めてしまう。
これは熟眠障害といいます。カフェインなどの摂りすぎや寝る前の食事が眠りを浅くすることもあります。
寝具が適切でないと、眠りが浅くなる原因になり、安眠を妨げます。
次の記事が参考になります。
コーヒーとカフェイン:睡眠への影響
夕食・夜食の睡眠への影響

3.暗いうちに目が覚める

明け方まだ暗いうちに目覚めてしまい、その後寝付けない。
朝早く、場合によっては、まだ夜のうちに目覚めてしまうのは、早朝覚醒といい、高齢者に特に多い障害です。

4.複合的な原因による不眠

寝付けない、目が覚めるなど、複数の症状の場合もあります。
不眠で悩んでいる場合は、自分の不眠がどのタイプか見極めることが大事です。
原因や対策を見い出すためにも、不眠のタイプを確認することが最初の一歩です。

カテゴリ: 睡眠の悩み , 眠れない悩み